<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

選挙

 アメリカの共和党大会のテレビ中継を見た。
ものすごい盛り上がりである。

 それに比べて日本は
すごい盛下がりだ。

 自民、民主、もう誰も期待していない。
いや期待できない。
 
 低レベルの主権争い。
お粗末な内政に
頼りない外交。

 たぶん独裁者が出てくるのはこういう時なんだろうな。
[PR]

by arizonaroom | 2012-08-31 23:51 | ニュース | Comments(2)

自然食バイキング

f0037623_19561129.jpg


 グレイスのスタッフたちで池袋にある自然食バイキングレストラン・はーべすとへ。



  季節毎に厳選された旬の食材を使用し、
素材本来の持ち味を活かすよう調理したメニューが常時60種類!
野菜中心なのに食べごたえ十分、
たくさん食べても胃もたれしない。
自然食とはこういうものなのだと納得。

 ふつうのバイキングでは大きなお皿に
山盛り載せてしまうので
それぞれの料理が異様に混ざり合い
「なんだかまずそう」という雰囲気になってしまうのだが
このお皿だと、とても上品に盛り付けられるのがうれしい。

 飲み物もデザートもとってもヘルシー。


 いつもバイキングの後は
「食べなくてもいいものをおなかにたくさん詰め込んで
脂肪の基を作ってしまった。」といつも後悔しきりの私であるが
そんな思いをしなくてもすむこのレストランは
女性には絶対にお勧めだ。
[PR]

by arizonaroom | 2012-08-30 20:21 | ショップ&レストラン | Comments(4)

英語でクッキング・アップルマフィン

 小学生の年子の姉弟。
今日はアップルマフィン。
久しぶりにお母さんもカメラを持ってクラスを見学に。

包丁でリンゴを切る。
f0037623_21255948.jpg

f0037623_21272781.jpg


「How much sugar?」
「one cup!」
英語の質問も理解できるし、レシピもしっかり読める。
f0037623_21281365.jpg


姉弟の共同作業
f0037623_2131373.jpg

f0037623_2132849.jpg

f0037623_21322274.jpg


カップに入れる。
f0037623_21324924.jpg


焼き上がりを待つ間はいつものようにレッスン。
f0037623_2134881.jpg


出来上がり。
f0037623_21342553.jpg


「おいしい!」
f0037623_21344134.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2012-08-29 21:36 | 英語&日本語 | Comments(0)

ライオンがヌーの赤ちゃんを救った



 ナショナルジオグラフィックチャンネルで奇跡のドキュメンタリーを見た。

 生まれたばかりのヌーの赤ちゃん。
肉食動物がたむろしている草原なので
早く立ち上がらないと危険である。

 しかし、この赤ちゃんはとうとうライオンにつかまってしまった。
母親は一生懸命救おうとするが、なかなかライオンに近づけない。

 ネコ科の動物は獲物を弄ぶ習癖がある。
このメスライオンもその例外ではなく
まもなく赤ちゃんをかまい始めた。

 遠くから見ているのは母親だけではない。
おこぼれを狙っているハイエナの集団もいる。
絶体絶命の赤ちゃん。

 でも、ここで奇跡が起こる。
ヌーの赤ちゃんは
ライオンが敵であることがわからず
ライオンに寄り添い始めた。
その赤ちゃんに応えるように
赤ちゃんをいとおしみ舐め始めるライオン。

 この雌ライオンは子どもを失くしたばかりだったのかもしれないと
ナレーターは言う。
赤ちゃんを食べるどころかハイエナを追い払って
守ったのである。

 2頭はしばらく一緒に時を過ごしていたが
走れるようになった赤ちゃんはライオンから離れて行った。
その後ろ姿を見守るライオン。
実に不思議な光景である。

 赤ちゃんはライオンから逃れても
母親無しでは生きていけない。
お腹をすかせたまま母親を探す赤ちゃん。
24時間たち、もう限界かと思われた時、母親と再会する。

 もちろん、母親と再会しても
ワニに襲われたりと、まだまだ決死の旅は続くのだが
1年後、赤ちゃんは大人になり、
見事に母親になることができたのであった。

 上の映像はかなり長いが
ライオンとの奇跡の場面は最初の6分くらいの所である。

 たいていの動物の赤ちゃんは弱く
助けなしには生きていけない。
だからこそ、いとおしまれ守られるように作られているのであろう。

 下の豹とマントヒヒの赤ちゃんのドキュメンタリーも感動ものである。

 
豹とマントヒヒの赤ちゃん
[PR]

by arizonaroom | 2012-08-28 23:03 | 映画&TV&本 | Comments(0)

夏休み最後のグレイス

f0037623_1842256.jpg


抹茶ヨーグルトゼリー・あずき添え
f0037623_18431278.jpg


プレーンシフォン & コーヒーシナモンケーキ
f0037623_18435455.jpgf0037623_1845064.jpg









コーヒー風味あずきゼリー
f0037623_18452549.jpg


 まだまだ残暑が厳しい毎日。
こんな日は出足が遅く
10時半くらいにはグループホームの方々しか
いらっしゃらない。
f0037623_18484421.jpg

 でも、それからは夏休みの子どもたちや
f0037623_1849593.jpg

f0037623_18492254.jpg

常連さんたちで急ににぎわいを見せ始めるグレイス。
f0037623_18502053.jpg


 「水商売は予想が難しいよね~。」と私達。

 それでも
ケーキの大量売れ残りや、
すべてのケーキが売切れという事態には
けっしてならないグレイスなのであった。
[PR]

by arizonaroom | 2012-08-27 18:55 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

リトルダンサー

f0037623_20311145.jpg

 この映画が制作されたのは2000年。
ということは初めて見たのは
もう10年以上も前ということか。
改めて月日の経つ速さに驚かされてしまう。

 舞台は1980年代のイギリスの炭鉱町。
でも戦後まもなくか、と思わされるような
時代に取り残された町である。

 炭鉱不況で長期ストを決行中のビリーの父と兄。
母はとうに亡くなり、認知症の祖母と4人暮らしである。
すべてが行き詰まり将来がまったく見えない中、
父は息子にボクシングを習わせている。

 しかし息子はボクシングを好きにはなれず
それどころか偶然隣にできたバレエ教室に魅せられてしまう。

 バレエは女がやるものだ。
父はもちろん理解を示さないが
ビリーの才能を見出したバレエ教師はビリーに内緒のレッスンを施す。

 登場人物すべてがひたむきに生きている。
ロンドンはおろか、町を出たことがない父。
炭鉱しか知らない父が
息子のバレエの才能に気が付いた時に
スト破りという苦渋の選択をするのである。

 「バレエの資金は何とか他の方法で見つけよう。」
と、ストライキのリーダーである兄は父と泣く。
何とも切ない場面である。

 どんなに道は閉ざされているように見えても
あきらめずに頑張っていれば必ず、開けてくる。

 そして親はどんな時でも子どもの幸せを願っている。

 この2つのテーマが観る者の胸を打つ。
ラストシーンがまたいい。

 毎日の生活に疲れた時にお勧めしたい映画である。


 
[PR]

by arizonaroom | 2012-08-26 21:10 | 映画&TV&本 | Comments(2)

銃規制

 またまた起こったニューヨークの銃乱射事件。
これで、ますます銃規制の必要性を叫ぶ声が大きくなる、と思いきや・・・。

 
 ニューヨークはアメリカの中で
かなり銃に対する規制が厳しいことでも有名である。
 
 容疑者はフロリダ州で91年に合法的に拳銃を購入したが、
ニューヨーク市で銃を所持する許可は持っていなかったことが判明。


 銃規制反対のアメリカ人は言う。

 「ほらね、いくら銃規制しても、
  法に従って銃を処分するのは善人ばかり。
 いくら法が制定されても悪人はそのまま保持する。
 だから銃規制なんてナンセンスなんだ。」

 過去の記事
 銃社会
 人種差別と銃文化
 コロラドの銃乱射事件
[PR]

by arizonaroom | 2012-08-25 23:47 | 異文化 | Comments(0)

英語でクッキング アップルマフィン

f0037623_2329196.jpg

 兄妹と友達の3人のクラス。
 今日はアップルマフィン。

f0037623_23291475.jpg

 このクラスではけっこうマフィンを作っているので
 もう慣れたもの。
 英語の指示にもスムーズに動く。
f0037623_2329284.jpg



 出来上がり!
f0037623_23293671.jpg


 せっかくなので横顔をちょっとだけ。
f0037623_23294564.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2012-08-24 23:35 | 英語&日本語 | Comments(2)

仏像にキス事件で驚いたこと

 1.女性の1人が仏像のくちびるにキスをしたように見えた、
   男性が仏像のポーズの真似をした。
   確かに褒められたことではない、とても失礼で軽率な行動だけど
   これで仏教寺院を冒とくした立派な犯罪として立証されてしまうのね。

 2.発覚したのは、このフランス人旅行者が
   現地で写真の印刷を依頼したから。
   今どき撮影した写真を現地ですぐ印刷するという行動にも驚き。
   普通は帰国までデジカメかスマホに入れっぱなしでしょ。
   何かするとしたらフェイスブックに投稿くらい?
   よっぽど大切な記念写真だったのねー。
   

 3、印刷所従業員が通報。
   通報するんだー。

 4禁錮6月ただし執行猶予5年、罰金1500ルピー(約900円)。
  まあ、見せしめってとこね。
  国外追放処分にはならなかったみたいだけれど
  住んでいない国での執行猶予ってどういうものなのだろう。
  自分の国から定期的にレポートを出す?
  それとも無罪放免?


  それにしてもスリランカの外国人に対するこの強気な行動。
弱気な日本の国民としては心底羨ましい。

 
   

   
[PR]

by arizonaroom | 2012-08-23 23:50 | 異文化 | Comments(0)

健康診断

 昨晩
「明日健康診断に行くからねー。」と夫に宣告。

 夫はというと
「もっと早く知っていれば
エクササイズとかダイエットをしっかりしたのに。」と。


 ・・・それはちょっと違うんじゃないの?
[PR]

by arizonaroom | 2012-08-22 23:12 | 日常&雑感 | Comments(2)