<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

映画ホーキング

f0037623_22302182.jpg


 その昔、「ホーキング宇宙を語る」が出版された時
私もはりきって読んだ。
 
 もう内容はすっかり忘れてしまったので
自分がどの程度まで理解していたのかも
面白いと思って読んでいたのかも定かではない。

 そのホーキングの映画をディスカバリーチャンネルが放映していた。
若き日のホーキングを演じていたのは
なんとシャーロック・ホームズの役者ベネディクト・カンバーバッチではないか!

 ホーキングが筋萎縮性側索硬化症と宣告されたのは21歳の時。
余命は2年と宣告された。
 
 それでも彼は研究に打ち込み、オックスフォードからケンブリッジの大学院に進んでいく。

 物語の中で、学者や学者の卵の学生たちが
たくさんの宇宙理論を論議している。
もちろんこちらは、ちんぷんかんぷんである。

 わかるのは今までの先輩たちが発見した法則を理解するだけでは
学者にはなれないのだということ。
発想の転換ができる柔軟な脳が必要なのだ。

 ホーキングの体の麻痺は進行していくのだけれど
彼の脳みそは冴えに冴えわたっているのである。

 彼は頑固である。
そして自信家でもある。

 教授の間違いを発見して学生たちの前で恥をかかせてしまったり
余命宣告された不自由な体で
何の躊躇もなく恋人にプロポーズもする。

 恋人は迷いながらも彼に献身する決心をし
映画はここで終わるのだが
私たちはその後を知っているので
感動することができない。

 26年後、3人の子宝に恵まれながらもふたりは離婚してしまうのだ。
その後、彼の介護をしていた看護師と再婚するも
やはり11年後には離婚する。
ちなみに看護師の元夫は
彼のための意思伝達ボイス装置を発明した科学者である。


 ホーキングの持論は「創造主である神はいない。」
「死後の世界はない。人間は死んだら無になるだけだ。」

 ちなみに最初の妻は敬虔は宗教家であったという。
子育てをしながら介護し、
経済面や精神面にも夫をサポートした妻を支えていたのは
神への深い信仰だったというのは
何とも皮肉な話ではある。

 余命2年と宣告されてから、もう50年近くたつ。
神を否定する彼は、
その奇跡を「自分に与えられた使命があるから」とは思わず
単なる偶然の産物、あるいは自分の生命力の強さだと
淡々と思っているのだろうな。


*********
 映画とはまったく関係ないことだけど
 うちの夫は、ホーキングはイギリス人なのに
ボイス装置がアメリカ英語だということを不思議がっていた。
 

 
 
 
[PR]

by arizonaroom | 2012-09-30 23:32 | 映画&TV&本 | Comments(0)

Xファクター シーズン2

 「いつシーズン2が放映されるのだろう?」と思いながら
シーズン1の再放送を見ていた先週末。

 今日何気なくFOXのウェブサイトをチェックしたら
何とFOXHDではなく、FOXbs238で
先週からシーズン1と同じ時間に放映されていたのであった。

 プロデューサーのサイモンはアメリカンアイドルを超えた番組を作ると
息巻いていたのだが
結果はアメアイの視聴率にはとうてい及ばなかった。

 ということで今シーズンは評判のよくなかったMCのスティーブと
情に流されてしっかし審判をくだせなかったニコール、
理由はわからないけれどたぶん時代遅れの感がするポーラを切り、
LAリードの他に新たに
ブリトニー・スピアーズとデミ・ロヴァートを審査員に迎えて臨んだのである。

 その目玉であるブリトニー、まだ若いのに何だかおばさんくさい。
確かに私生活ではいろいろあったけれど
これほど劣化しているとはね・・。

 それはともかく、地方オーディションは相変わらずすごい人である。
人生をかけた戦いがまた始まる。
[PR]

by arizonaroom | 2012-09-29 23:02 | 映画&TV&本 | Comments(0)

風が吹けば

 夫が教える公民館の英語クラスで
津波でお墓が流され
新たに作り直さなければならなかったという話をした生徒がいたそうだ。

 そこで出たことわざが
「風が吹けば桶屋が儲かる。」

 家に帰った夫がそれを話してくれたのだけど
なんだか彼は意味を誤解している。
 
 「大風が吹くと墓が倒れて棺桶職人が儲かる」と
いうたとえ話だと思い込んでいるのである。

 「違う違う。それじゃあそのままじゃん。
 一見関連が無いようなことでも
  実は繋がりがあって影響が出るということなのよ。」

 と、詳しく説明しようとしてうっとつまってしまった。
 「風が吹いて風邪を引く人が増えて医者が忙しくなり・・・だったっけ?
 風が吹いて火事だったっけかな?」

 日本語を勉強中(?)の外国人にいい加減なことを言っては
まずいからね。

 出展は江戸時代の浮世草子、世間学者気質である。

 今日の大風で土ほこりが立ちて人の目の中へ入れば
 世間にめくらが大ぶん出来る。
 そこで三味線がよふうれる。
 そうすると猫の皮がたんといるによって世界中の猫が大分へる。
 そふなれば鼠があばれ出すによって、
 おのづから箱の類をかぢりおる。
 爰(ここ)で箱屋をしたらば大分よかりそふなものじゃと思案は仕だしても、
 是(これ)も元手がなふては埒(らち)明(あか)ず
 


つまり
 1.大風で土ぼこりが立つ
 2.土ぼこりが目に入って、盲人が増える
 3.盲人は三味線を買う(当時の盲人が就ける職に由来)
 4.三味線に使う猫皮が必要になり、ネコが殺される
 5、ネコが減ればネズミが増える
 6.ネズミは桶を囓る
 7.桶の需要が増え桶屋が儲かる

 ということなのである。
あら~全然違ったわ。

 でも私が思っていたように
 「何らかの理由で死者が出て棺桶が儲かる」という俗説もあるようである。

 きっと後から時代時代にあった諸説が出てきたのだろう。

ウィキペディアを見ていたら面白いものも発見。
北海道オホーツク海沿岸、特に紋別市, 網走市に伝わる俗説である。
1.北風により流氷が接岸する。
2.特に夜間には急激に気温が下がり、室内でも氷点下の気温となる。
3.漬物桶、風呂桶、漁具の桶が凍結し、破壊される。
4.桶の需要が増え桶屋が儲かる

 ちなみにこれらの地域には桶屋が多いのだとか。

 現代では
 その論証に用いられる例が突飛である故にあり得なくはない因果関係を
  無理矢理つなげて出来たこじつけの理論・言いぐさを指す時にも使われている。

 確かに、ね。

 

 

 
 
 
[PR]

by arizonaroom | 2012-09-28 22:24 | 英語&日本語&スクール | Comments(2)

アンディ・ウィリアムス

 アンディ・ウイリアムスが亡くなった。
レコード(古いなあ)でしか知らなかったアンディが身近になったのは
数年前に1960年代のアンディ・ウィリアムスショーの
テレビシリーズをテレビで見てからだ。

 最近のアンディを見たのは数年前のアメリカン・アイドルで一度だけ。
だから私の中のアンディは若いまま。

 若いといっても彼には現代的な若さは無いので
古臭い若さではある。
(おわかりいただけるでしょうか?)

 ともあれ、あのショーの時から彼は40年以上も生きた。

 時の流れの速さがとてつもなく寂しい。


過去の記事より
アンディ・ウィリアムショー
アンディ・ウィリアムスライブ
アンディ・ウィリアムスとクロディーヌ
[PR]

by arizonaroom | 2012-09-27 23:29 | 映画&TV&本 | Comments(0)

やっとまともになった

 世界が最近の日本を評して「右傾化」ということに
同意できない日本人は多いと思う。

 なぜなら当事者からみて
どうみても右傾化しているとは思えないからだ。

 特に中国や韓国に「日本の軍事化を非難」とか
「右傾化を懸念」なんて言われたくないわ。

 そんな中、ワシントンポストの
「日本はこれまで世界一の消極平和主義の国だったのがやっと
(他国並みの)中道地点へと向かうようになったのだ

というのには激しく納得。

  さらに、日本の憲法や集団的自衛権の禁止が世界でも異端であることを説明し
 「これまでは中国との対決や摩擦を避ける一方だったが、
  日本国民はその方法ではうまくいかないことがわかったのだ」
とも論じている。

 また、ニューヨークタイムズでは
 「中国側が官民で民族主義を高め日本糾弾を強めているのに対し、
 日本側は「第二次大戦以来の平和主義傾向のため
  対決を避ける様子だったが、
 中国側の激しい野望がそれを変えてしまった。」 
と。

  でも、中国人や韓国人はこのコメントを絶対に信用しないだろうな。
 
[PR]

by arizonaroom | 2012-09-26 23:18 | 異文化 | Comments(2)

CDプレイヤーが!

 CDプレイヤーが壊れた。
正確に言えばMD、カセットはOKで
CDだけが聴けない。

 子ども達の英語のクラスに必須なので
はてさてどうするか・・・・。

 今やCDのみのプレイヤーは信じられないほど安い。
でも、MP3があればCDをいちいち取り換える必要もないので便利である。

 ともあれ、昔画期的だと思っていたMDはほとんど絶滅に近い。
音楽もコンピューター関連も本当に先が読めない。
[PR]

by arizonaroom | 2012-09-25 23:56 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

今日のグレイス

f0037623_16313241.jpg


チーズケーキ & ココアシフォン
f0037623_16314462.jpg


アメリカンヨーグルトケーキ & スイートポテト
f0037623_16321871.jpg


 一日中降り続いていた昨日が嘘のように
さわやかに晴れ渡った今日のグレイス。

 前半はグループホームの方々で盛り上がったものの
その後客足がぷっつりと途絶えてしまった。
 
f0037623_16361956.jpg


 久しぶりの晴天なのでみんな洗濯で忙しいのかな?

 と思ったら、その後大勢のお客様が続々いらしてくださった。
f0037623_16363266.jpg


 気持ちの良い日は外も賑やか。
f0037623_1637228.jpg


 お客様同士の交流も楽しいグレイスなのである。
[PR]

by arizonaroom | 2012-09-24 16:37 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

ネットがなければ

 ネットが無ければ

アラブの春は来なかった。

中国の暴動(デモなんて生ぬるいことばは間違っている)も
あれほどひどくはならなかった。
(あーこれは政府主導だからわからんな。)

スーザンボイルもあれほどの人気にはならなかった。

ムハンマドの侮辱の映画も日の目を見ることはなく
したがって大規模な暴動は起こらなかった。

大津のいじめもこんなに大きな騒ぎになることもなく
学校も苛めた側も安穏のしていられた。

スペインの教会のもんちっちフレスコ画に
観光客が押し寄せることもなかった。

田舎の普通の少女の誕生パーティーに
数千人も押し寄せることもなかった。

ちょっと悪乗りしてしまった普通の学生たちの素性が
公の場にさらされることもなかった。

 う~ん。よかったことも悪かったことも。
良かったことは、今まで内輪で処理されていたような悪事が
世間の目に触れやすくなったことかな。

 また、誰にでも有名になる機会が与えられた反面
恐ろしい制裁を受けてしまう機会も増えてしまった。

 もうネットの無かった時代は考えられなくなってしまったけれど
まだまだ発展途上である。

 今後、ネットのコントロールが不能になり
人類の想像を超えた事態に発展するかもしれない。
[PR]

by arizonaroom | 2012-09-23 23:05 | クリスチャンライフ | Comments(0)

世界の経済

 中国製品の中で使われている日本の部品。

 日本製品の中で使われている中国の部品。

 中国で稼働する日本の工場。

 中国の食材を加工する日本の工場。
 
 いったい何が国産で何が輸入品なのか
明確に答えられる人がどれくらいいるのだろう。

 経済制裁をしたら、それが自分の国に跳ね返ってくるのは
明白な事実。

 しかもそのとばっちりは世界中に飛び火する。

 ただでさえ不景気なのにね。

 世界中の経済音痴の政治家たちが
 世界を破綻に導いていく。



 
[PR]

by arizonaroom | 2012-09-22 23:40 | ニュース | Comments(0)

引退後

  とうとう李明博大統領も
 自身の私邸用の土地の購入をめぐる疑惑問題で、
 特別検事による捜査を受け入れることを決めたというニュースが入った。 

 韓国の大統領の末路はいつもながら哀れである。

 アメリカの大統領は任期を務めた後は、ほとんどが政界から退く。
トップを極めた人はもう誰かの下で働きたくないのだろう。

 その点、日本の首相は
首相を辞めても政治家は辞めない人がほとんどである。

 しかも、いつまでもエラそうである。
1ケタの支持率まで下がったあの人も
漢字が読めなかったあの人も
なんだかエラそうにいろいろ意見している。
首相の下で働くというより
首相を単なる後輩としか見ていないように見える。

村社会だからなのかなあ。
[PR]

by arizonaroom | 2012-09-21 23:56 | ニュース | Comments(2)