<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ジャパニーズ・コネクション part1

長い実話なので何日かに分けて書きます。

 
 1971年の夏。
地方版の小さな記事が高校教師のジャックの目に留まった。

それは次のようなものであった。

 「ホストファミリー募集。
 ドイツ人と日本人の青年たちが、6週間の予定でやってきます。
 もし、その期間、宿泊させていただければ
 フランクフルトまでの往復航空券を進呈いたします。」

 「おお~、ドイツか。」
 
 ジャックの妻はドイツ系である。
といっても入植したのはたぶん200年以上も前なので
ドイツに対しての郷愁というものはないのだが
家族そろってドイツに旅するのもいいかもしれないなあと
ジャックは思った。

 安月給の高校教師で4人の子持ちの彼には
こういう機会でないと一家をあげての海外旅行はまずできない。

 さっそくジャックはそこに記されている事務所に出向き
手数料50ドル(この当時の50ドルはかなり大金である!)を払って申し込んだ。
 もちろん、「6人受け入れたら6人分の航空チケットをもらえるのですね。」と
念を押すことも忘れなかった。

  訪ねてくる青年グループはドイツ人と日本人。
どちらを受け入れるかという選択肢では
彼は迷わずドイツ人を選んだ。

 妻のルーツだからということもあったけれど
正直に言ってしまえば、
ジャックにとって日本はまったく未知の国である。
日本人など見たこともないし
パールハーバーの記憶もまだまだ鮮明だ。

 それからしばらくの間、
ジャックの頭の中は
自宅に受け入れるドイツ人の青年たちと
自身のドイツ家族旅行のことでいっぱいだった。

 ドイツ人たちを6週間、何を食べさせ、どうやって楽しませようか。
 
 フランクフルトに着いたら、どうしたらよいのだろう、
 ドイツには知り合いなどひとりもいないのに。

 確実に実現するであろう未来の計画を練るのは
不安でもあったけれど、それ以上に楽しく幸せなひとときである。

 そう、実現するのなら・・・。

 でも、世の中はそんなに甘くはなかったのである。


  part2に続きます。


 関連ワード
  特定非営利活動法人世界青年友の会
  世界青年友の会東京都支部
  東京都世界青年友の会
  (財)世界青少年交流協会
  World Youth Visit Exchange Association of Arizona,inc.
  (WYVEA)
  海外青少年団

 
[PR]

by arizonaroom | 2013-01-31 23:03 | 異文化 | Comments(0)

うなじのこわい民

 主はまた、モーゼに仰せられた。
「わたしはこの民を見た。
これは、実にうなじのこわい民だ。」
   (新改訳 旧約聖書 出エジプト記 32章9節)


 旧約聖書にはよく、この「うなじのこわい民」という言葉が出てくる。
この耳に聞きなれないことば「うなじにこわい民」って何?と
聖書を初めて読んだ人は絶対に思う。

 聖書の日本語訳にはいろいろあり、この語句を使っているのは
新改訳聖書である。
調べてみたら共同訳と現代語訳は「かたくな」、
口語訳は「強情な」であった。

 つまり、「うなじのこわい」というのは「強情」という意味なのだとわかる。

 「うなじのこわい」というもともとの原語はヘブル語の
牛がくびきをかけられるのを嫌って抵抗する状態を表した形容詞である。
それが転じて当時でも
「首がこわばる」、「強情」、「頑固」、「手に負えない」という意味で
使われていたということである。


 そう、こわいは「怖い」や「恐い」ではなくて「強(こわ)い」だったのだ。

 古代のイスラエル人だけに理解できる「うなじのこわい」という語句を
全然文化の違う日本で
使う意味はいったい何なのだろう。

 たとえば英語には「chicken feed」というイデオムがある。
直訳は「鶏の餌」だが、
実際の意味は「はした金」つまり「すずめの涙」である。
だからこの語句は「鶏の餌」ではなく「すずめの涙」と
訳されなければいけない。

反対に、
「sparrow's tears」などと英訳しても誰もわからない。

 そう、「うなじのこわい民」は「強情な民」と訳すのが
適切なのだ。

 でも、この聖書を頻繁に開いていると
けっこうこの「うなじのこわい」という表現にも馴染んでくる。
「強情な」という表現はすぐ忘れてしまいがちだが
「うなじのこわい」は心に残る。

 私たち人類は何度も同じ過ちを繰り返す「うなじのこわい」民なのだから。

 ちなみにこの箇所の英語での訳はstiff-necked。
文字通り「肩が張った」と「強情な」の二通りの意味で
普通に使われているイデオムである。

聖書にまつわる過去の記事
翻訳聖書のミステリー
コリアンダー
哀悼
[PR]

by arizonaroom | 2013-01-30 21:44 | クリスチャンライフ | Comments(0)

クリントンのメガネ

f0037623_2329482.jpg


 脳震盪や血栓などの病気に見舞われたクリントン国務長官が
びんぞこメガネで業務に復帰した。

 たぶん病の後で、
コンタクトレンズを入れられるコンディションではなかったからだと思うのだが
私は彼女がレーシック手術を受けていなかったことにちょっと驚いた。

レーシックをしなかった理由
 推測その1: 忙しすぎて手術を受ける暇がなかった。
 推測その2: レーザーで角膜を切られるのが怖かった。
 推測その2: 実はレーシックにはまだまだ問題があるのを内部情報で知っていた。
 推測その4: 受けたかったが目に問題があり(、角膜が薄すぎる、目の病気)などで受けられなかった。
 推測その5: コンタクトと瓶底メガネの併用で満足、レーシックに興味がない。

 まあ、余計なお世話ですが・・・。

 その昔、弁護士だった頃は黒髪に黒縁メガネ、
結婚後も旧姓を名乗っていたヒラリーは
夫の選挙のために姓を変え、美しい女性に変身したのは有名な話である。

 もしかしたら、本人は未だに外見なんか全然気にしない人なのかも。



 
[PR]

by arizonaroom | 2013-01-29 23:51 | ニュース | Comments(2)

今日のグレイス

f0037623_1622985.jpg


さつまいものチーズケーキ(私の作品) & チョコレートバー
f0037623_1624521.jpg


柚子シフォンケーキ & コーヒーケーキ
    (コーヒーに合うケーキという意味でコーヒー風味ではない)

f0037623_1632734.jpg



 朝起きたら外はうっすらと雪化粧。
夕べの予報では東京も深夜に積雪とあったので
覚悟はしていたが、降っている段階は見ていなかったので
少し驚いてしまった。

 それでも自宅を出る頃にはかなり溶けはじめていたので
自転車通勤(?)を決行、グレイスへ。

 教会近辺の道はあまり日が当たらず、けっこうツルツルしている。
これではグループホームの方々は大変かも?と案じていたが
皆さん揃っていらっしゃってくださった。

 昨年の12月の洗礼を受けられたホームのAさん。
「とても幸せです。」と昨日の持ち寄り昼食会でおっしゃっていたのが
印象的だった。

 しばらくいらしてなかった花ケーキさんのすばらしいピアノ伴奏で
後半も大盛り上がり。
 
 常連さんも、新しい方も、久しぶりの方も
クリスチャンもノンクリスチャンも、
赤ちゃんもお年寄りも
皆でわきあいあいと楽しいグレイスなのである。
 
f0037623_1611370.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2013-01-28 16:17 | 喫茶室グレイス | Comments(2)

マクドナルドさん

 日本在住の「マクドナルド」さんの記事を読んだ。

そこで、ふと疑問がわき起こる。
彼は自分の名前を書くとき「マクドナルド」と書くのだろうか、と。

 なぜなら実際の発音は「マクドナルド」と似ても似つかないからである。

 彼の知り合いの日本人がアドバイスした?
バーガーチェーンのマクドナルドに習った?
本人は納得しているのかな?

 昔、日本語ぺらぺらの「ボブ」さんがいた。
ある英語学専攻の学生が、自分の研究課題の調査で
ボブにアンケートを依頼した時
彼は自分の名前を「バーブ」と書いていた。

 それを見た時の私たちの衝撃。

ボブじゃなくてバーブだったのか!

 確かに発音はバーブ。私たちもバーブと呼んでいる。
でも書くときはボブじゃないとなんか変。

 Toddという知り合いがいた。
でもトッドというカタカナ名とは全然違う発音だ。
(カタカナでは書けん。)
日本にいるトッドさんは慣れているから
トッドと呼ばれても返事をするが
アメリカから来たばかりのToddにトッドと呼びかけても
絶対に返事が返ってこないことは保証できる。

 なぜ断言できるかというと
私が他のアメリカ人にトッドの名前を出した時
全然通じなかったからである。

 Sherrillさんもシェリルとは書かず、
シェロと書いていたのも思い出した。

 Michaelもマイケルではなく、マイコーの方が近い。
それをマイケルと書き
「私の名前はマイケルです」と自己紹介する知人。
 
 まあ、どこの国でも自国読みに変換するのは普通かもしれない。
だって他の読み方知らないし、
その発音自体も存在していないかもしれないし。

 私だって、わけのわからない呼ばれ方されたこともたくさんあるしね。
(モスクワの空港で名前を呼ばれたが、自分の名前だと気がつかなかった経験あり)

 それにしても、夫の姓(私の姓でもあるが)が
カタカナでも現地読みに限りなく近いので助かったわ。

過去の記事
中国人の名前とグルジア
発音と表記の不思議
日本人が英語を話せない理由
中国人名の読み方
アクセント
[PR]

by arizonaroom | 2013-01-27 23:56 | 英語&日本語&スクール | Comments(2)

アメリカンアイドル・シーズン12

 つい先日まで見ていたような気がするのに
月日が経つのは本当に早い。

 昨年と1昨年の審査員、おなじみランディ・ジャクソンと、
スティーブン・タイラー、ジェニファー・ロペスは
息もピッタリ、いや、ピッタリすぎて仲良しすぎるんじゃない?とい感じだったが
今年はマライア・キャリーとニッキー・ミナージュが
早くも不協和音、なんだか波乱の予感もする。

 もちろん、これもヤラセかもしれない。
審査員は仲がよすぎてはいけないのだ。

  まあ、なんでもいいわ。
私はこれから毎週ニコール・キッドマンの夫
キース・アーバンを眺めるのが楽しみ。
[PR]

by arizonaroom | 2013-01-26 23:01 | 映画&TV&本 | Comments(6)

5歳児がテロ脅迫

 CNNのニュースで仰天するものを見た。

 今月の11日、ペンシルバニア州の5歳の女子が
引き金を引くとしゃぼん玉が出るハローキティの玩具
「バブルガン」で「テロリスト的脅迫」をしたとして、
10日間停学処分を命じられたというのだ。

 問題にされたのは、帰りのバスを待っている時に友人に向かって言った
「私が撃つから撃ち返して。みんなで遊ぼう」という言葉だった。


 銃や刃物でもない。
友人たちに危害を加えたわけでもない。
ごく普通の園児だったのに。

 14日になって幼稚園側は、停学期間を2日に短縮することを決定。
 記録の分類は「テロリスト的脅迫」から「他人に対する危害脅迫」に変更した。
「園児の年齢を考慮して」、刑事事件としての届け出は見送った。

 
それにしてもアメリカは何から何まで極端である。

 小学生に銃を与えて、撃ち方の練習をさせるのは法律違反ではなく
バブルガンで「撃ちっこしよう」と言うのはNGですか?
(州や学校によって違うとは思うけれど。)

 まあ、この件についてはアメリカ人もおかしいと思っているから
ニュースになっているわけだけど。

 それにしても「刑事事件」はないでしょ。
[PR]

by arizonaroom | 2013-01-25 23:36 | 異文化 | Comments(0)

ホッチキス

 雪の日に転んでけがをした生徒が
近々抜糸をするという。

 「それが今は糸ではなくホッチキスなんですよ~。」

 私「そうそう、私も昔、腹腔鏡手術をしましたが
 本当にホッチキスなんですよね。」

 ちなみにアメリカではホチキスとは言わない。
stapleという。

 だから来日直後夫はホチキスという名で呼ばれている物体を見て驚いた。


 もちろん、ホチキスという名前は知っていた。
ホッチキス社はアメリカの会社だからだ。

 明治中期に伊藤喜商店(現、株式会社イトーキ)が
E.H.ホッチキス社(E.H.Hotchkiss)の製品を輸入し
「ホッチキス自動紙綴器」と名付け販売し
この名が定着したらしい。

 「ホッチキスというのは小さいものですよね。
 段ボールなどに使用する大きな物は日本でもステープルと言っていますよ、」
と生徒。

 夫がアメリカで買ったホッチキスがここにあるので(何と物持ちのよい!)
ちょっと見てみたら
「BOSTITCH」という刻印がしてあった。
誰もそういう名前で呼んでいないとは思うが
それがこの会社の登録商標らしい。
しかも、これはMADE IN JAPANだ。

 日本で作られ輸入した物を、夫はアメリカで買い
日本に持ってきたのか・・・。
ホッチキスの里帰り?

 アメリカでは日本でのホッチキスのように
最初に発明されたものがそのまま商品の通称になっているものが多い。

 たとえばクリネックス。
ティッシュペーパーという言葉はほとんど使われず
皆何もかもをクリネックスと呼んでいる。
クリネックスではないのに。

 バンドエイドもそう。
あ、これは日本も同じか。

 バンドエイドはジョンソン・ジョンソン社の登録商標なので
他の会社は使用できない。
でも、どの製品であれ、われわれはバンドエイドと呼んでいる。
 
 名前や通称の由来を調べるのはけっこうおもしろい。
[PR]

by arizonaroom | 2013-01-24 22:25 | 英語&日本語&スクール | Comments(2)

SDカード

 カメラに入れているSDカードが
パソコンで認識しないケースが多くなった。

 どこかが破損したのかな?

 また、SDカードにも寿命はあるようで、
写真の保存にも適さないらしい。

 大切な写真がある日突然消えるなんてことにならないように
マメに外部に保存しないといけないな。
[PR]

by arizonaroom | 2013-01-23 23:58 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

危うい民主主義

 完全な人間はひとりもいない。
だから、この地球上には完全な正義も存在しない。

 だから未熟さを補い、秩序をもたらすために
導入したのが民主主義の原理である。

 マジョリティーが正義だとは信じてはいなくても
大勢が正しいと思える結論は
少なくとも世間を納得させるパワーがある。

 民主主義国家の下にいる国民は
独裁国家や軍事国家の国民たちとは違い
自分たちで考える権利、リーダーを選ぶ権利、
発言する権利が守られていると信じている。

 でも、本当に私たちの思考の自由は守られているのだろうか。

 メンタリストやマジシャンのパフォーマンスを見るにつけ
不安になってしまう。

 彼らはいとも簡単に人々の心を操る。
「この中から好きな数字を選んでください。」と言いながら
実は選んでいるのはパフォーマーである。

 特にキース・バリューなどのメンタリストのショーは
驚くことばかり。
人の心はいとも簡単に操られ、弄ばされる。

 催眠術でも驚くものを見た。
昔は催眠術で人を殺させることはできないと言われていた。
人間の深層心理の中でストッパーがかかるからだと
信じられていた。

 でも、それは間違っていたようだ。
催眠術にかかった人間が
毒だと信じている粉を
ターゲットのグラスの中に何のためらいもなく入れ、
銃の引き金を引いたのである。

 実はジョン・F/ケネディの弟のロバート・ケネディの射殺犯人も
催眠術にかかっていたという説がある。

 アメリカが前回オバマを選んだのも
日本の民主党が大勝利を収めたのも
国民全体が催眠術にかかったような状態だったと
いえなくもない。

 民主主義という名の金魚鉢を
誰かが指を入れてかき回していてる。
 
 そんなことを国民はつゆ知らず
同じ方向に向かって泳がされているのかもしれない。
[PR]

by arizonaroom | 2013-01-22 22:46 | 異文化 | Comments(2)