<   2013年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

改正道路交通法

 明日から施行される改正道路交通法により
自転車の路側帯通行は左側に限られる。

 歩道はよいとのことだが、実は歩道だって自転車マークがないところは
走ってはいけない。
でも、皆結構走っている。
車道より安全な気がするので。

 実はおまわりさんが自転車が走れない歩道を走っているのを目撃したこともある。
ここの所がちょっと曖昧だ。

 本来なら自転車を走れない狭い歩道を走っていて
向こうから自転車が来たとする。
ふたりとも違反なんだけど、相手に圧倒されてつい車道に降りてしまったら
それは右側走行になったりして。

 これからしばらく混乱するだろうな。
夫に厳しく言っておかなきゃ。
[PR]

by arizonaroom | 2013-11-30 23:23 | ニュース | Comments(0)

今どきの複合機

 母の新しいキャノンの複合機をセットアップして気が付いたこと。

1.LANケーブルが付属していない。
   いまどきの人は皆、無線LANだと思っているのか!
   古いLANケーブルをプリンタと一緒に捨てなくてよかった。

2.タッチパネルの方が便利と勧められ、そちらにしたけど
  知らない間に電源ボタンを触ってスイッチをオフにしてしまうこと多々。
   (うちのもタッチパネルだけど。)
  年配者には、しっかり押せるボタンの方がいいかも。
  埃対策にはカバーをかければいいのだし。


 3.CDレーベル印刷が不便になった。
   母はディスクに直接印刷することが多いのに。

 4.インクコスト高すぎ! 

 うちは1年前に購入したのだけれど、格段に便利になったものもあれば
前の方がよかったというものも多い。

 これは他の電化製品にも言えることだけどね。

 しかし、壊れるの早いわ~


 
[PR]

by arizonaroom | 2013-11-29 20:42 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

「罪を償います」

 ストーカー殺人の犯人が掴まった時に
「間違いありません。罪を償います。」と言ったとの
報道に違和感を持ったのは私だけではないと思う。

 罪を償いますって
簡単に言うけれど
人を殺めたという罪をどうやって償えるというのか。

 刑務所に入る?
死刑?

 殺めた人間はけっして戻ってこないのに。

 どんな償いも遺族にとっては十分ではない。
償いとは被害者の許しがあって初めて成立するものだ。

 心から愛していた相手を殺めてしまう。
そして簡単に「償う」と言う。

 ストーカー殺人は昔からあったとは思うが
最近は現実とバーチャルの境界線が
あいまいになっている人達が増えてきているのかもしれない。
[PR]

by arizonaroom | 2013-11-28 23:58 | ニュース | Comments(0)

秘密保護法案

 都知事の献金問題で大騒ぎしている間に
いつの間にか秘密保護法案が衆議院を通過していた。

 何が正しくて何が間違っているのか
なんだかよくわからなくなってきた。
[PR]

by arizonaroom | 2013-11-27 23:52 | ニュース | Comments(0)

ネイティブと文法

 友人たちとランチの最中に
アメリカのどこの州の訛りが強いかという話になった。
いろいろな例が出てきたけれど、それについては置いておいて。
(早い話、正確に覚えていないだけ。)

「アメリカ人ってけっこう文法間違って話しているよね。」と私。
アメリカ人の友人は
「うん、私も思いっきり文法間違って話している。
でも日本では正しい英語を話すようにしている。」と。

 ああ、やっぱりそうなんだ。

 「She don't.とか話している人いるよね。」
「あ、そんなの普通。」

 「She didn't know, neither.なんて、
ダブルネガティブで思わずどっち?なんて思っちゃう。」
「ははは、それも普通。」

 「I ain'tって何?am not の短縮形?」
「mayn'tなんて言う人もけっこういるよ。」


 「日本語も同じ。これ食べられますか?でしょ?」と別のアメリカ人。
彼女は食べれるなどの「らぬき」言葉が気になるらしい。

  映画の英語も普通に使ったら大ヒンシュクの語句が盛りだくさん。

 今日の結論
 耳から覚える言語は生きた言葉かもしれないけれど
そのまま使うには要注意ということである。
[PR]

by arizonaroom | 2013-11-26 22:29 | 英会話スクール&英語 | Comments(0)

今日のグレイス

f0037623_1421539.jpg


かぼちゃのプリン
私の作品。もうちょっと甘くてもよかったかも。

f0037623_14513697.jpg

りんごのロールパイ
f0037623_14221610.jpg


バナナケーキ
f0037623_1423982.jpg


パンプキンタルト
f0037623_14235287.jpg


 冷え冷えとした今朝の東京。
夕方からは雨も降るらしい。

 そんわけで、ちょっといつもより少な目のお客様だったけれど
いつもホカホカと暖かなグレイスなのであった。

前半
 
f0037623_14252155.jpg


わんちゃんも大人しく。
f0037623_14265291.jpg


こんな日でも庭のテーブルもけっこう人気。
(写真は撮り忘れた)

後半
f0037623_14283676.jpg


教会が新しく購入したキーボード。
下手でも上手そうに聞こえるので私のお気に入り。
BGMとしてクリスマスソングを何曲か私が弾いていたら
キーボードに組み込まれている自動演奏だと勘違いしている人がいた。
お世辞でも嬉しい。

f0037623_14313899.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2013-11-25 14:32 | 喫茶室グレイス | Comments(0)

秋のジャズコンサート

 久留米キリスト教会の恒例行事となった
秋のチャペルジャズコンサート。

 今年も金子健さんが二人のお仲間を引き連れて
楽しいコンサートを披露してくれた。

 金子さんのジャズが好きな夫は
アメリカでさぞ残念がっているだろうな。

 昨年のコンサートはこちら
[PR]

by arizonaroom | 2013-11-24 22:43 | クリスチャンライフ | Comments(0)

実家のプリンタが!

 実家のプリンタ(複合機)。
順調に印刷し続けていると思っていたら
突然止まり、エラーメッセージが出た。

 なんと壊れたから電源を抜いて修理に出せという。

 エラー番号をネットで調べてみたら
ヘッドのところがやはり壊れているようである。

 実家のプリンタの購入時期は確か我が家の半年後で
我が家のプリンタは昨年のちょうど今頃壊れている。
そして、その1か月前くらいに妹の家のプリンタが壊れたと記憶している。

 こうやって見るとプリンタはだいたい3年前後で壊れることになっているようである。

 もちろん、修理は出来る。
でも1万円くらい修理費払うのだったら
2万円出して新しい物を買った方が絶対に効率がよい。

 物を大切に使いたいのはやまやまだが
いかんせん、今の世の中、直す方が高くつく。
悲しいことだけれど。

 母も切り替えが早い人なので
今朝、ふたりでお店に行き、さっさと購入してきた。

しかし、本体に比べてインク高すぎ!
[PR]

by arizonaroom | 2013-11-23 23:35 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

ハリウッド俳優と日本

 もう2週間前くらいになるかもしれないが
昼間、なんとなく徹子の部屋を見ていたら
ロバートデニーロがゲスト出演していた。

 それを見た夫が驚いて言う。
「ロバートデニーロはインタビューに応じない人で有名なんだよ。」

 そう、彼は自国ではインタビュー番組には出演しないけれど
日本の徹子の部屋には喜んで出ている・・・。


 CM出演も同様だ。
アメリカのCMにハリウッドスターが出ることは皆無だが
日本では多数出演している。
それもスターのイメージとは程遠い軽めのキャラクターで。

 黒柳徹子がデニーロに聞いていた。
「ご存じですか?トミー・リー・ジョーンズさんは
日本のCMに宇宙人役で出演なさっているんですよ。」と・
もちろん、デニーロは知らず「へーそうなんですか?」と
ちょっと驚いているようだった。

 ハリウッド俳優のCM出演料は億単位なのでよい小銭稼ぎになるし
アメリカ国内ではないので、自分の安売りにはならないと
踏んでいるのだろう。

 同様に徹子の部屋出演も映画プロモーションの一環と
割り切っているのに違いない。

 でも今やネットの時代。
アメリカから出たことがないアメリカ人も
YouTubeなどで日本のCMやテレビ番組を発見して
驚いているかもしれないな。
[PR]

by arizonaroom | 2013-11-22 22:22 | 映画&TV&本 | Comments(0)

テレビ

 我が家のテレビを独占しているのはもっぱら夫である。
そもそも私はあまりテレビは見ないので
それでバトルが勃発ということもない。

 でも、今回夫が不在なので
たまには報道ステーションでも見ようかと
テレビを付けてみた。

 付けたとはいえ、私のひざの上にはラップトップのパソコンがある。
ネットをしながらテレビ鑑賞である。

 と、途中で気が付いた。
テレビから流れている音声は
日本語ではなく英語。

 えっ?と思い画面を見ると
報道ステーションではない。
そこにいるのは日本人ではなくアメリカ人である。

 チャンネルがいつのまにか変わっていたのだった。

 うちのJCOMチューナーでは同時に見られるのは2局まで。
そして録画が優先。

 つまり、夫は同じ時間に2つの番組を録画していたのである。。

 不在の時までテレビを支配している困った夫なのであった。
[PR]

by arizonaroom | 2013-11-21 23:45 | 映画&TV&本 | Comments(0)