<   2015年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

HOG HEAVEN PIZZA

f0037623_23443343.jpg

けっこう取材されたりしたのに福生のHOG HEAVEN PIZZAが
今日で閉店!
 おいしいピザだったのに商売って難しい。

 オーナーは夫のバイク仲間なので私たちも
最後のピザを食べに福生へGO!

 
f0037623_23462656.jpg


f0037623_23464296.jpg

 日本人の客って私だけ????
[PR]

by arizonaroom | 2015-07-31 23:47 | ショップ&レストラン | Comments(0)

2歳のお見合い

 今日は3人の2歳児が初めての顔合わせで体験レッスン。

 結果はまずまずで、来月から一緒にレッスンをすることになった。

 まだ2歳なので、かなり本能のままの行動である。

 順番を待つ、譲る、シェアする、がまんするという社会的行動は
人間には生まれつき身についているものではないので
英語と一緒に少しずつ学んでいくのだと思う。

 これからが楽しみ。

 
[PR]

by arizonaroom | 2015-07-30 23:59 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

福生まで

f0037623_23342377.jpg


 夜はお互いのスケジュールがまったく合わないため
我が家の外食はほとんどランチである。
でも今日は久しぶりに夜バイクで福生まで行き
マイクスでメキシカンディナー♪

 メキシカンは家でよく作るけれど
ここのメキシカンはまた格別である。
タコベルで並んでいる人、一度ここを試してみてね。

 デザートはやはり福生でアイスクリーム。
f0037623_23392055.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2015-07-29 23:39 | ショップ&レストラン | Comments(0)

お静かに

 先日、新聞に興味深い記事があった。

 長野北信・東信地方の方言である。

 会食中に後から入って来る人が
「おしずかに」と声をかけることがあるが
それは「黙って食べなさい。」ではなく
「気を使わずにゆっくり食事を続けて下さい。」
というあいさつ表現なのだそうだ。

 また、来客にお茶や食事を出す時には
「どうぞごゆっくり」の意味に。

 日本ってやっぱり狭いようで広い。
もし、私がこの言葉を使われたら
「私、うるさかった?」とシュンとなってしまいそう。
いや、ムっとしてしまうかも。

 このコラムの筆者、東京女子大学の篠崎氏によると
江戸時代の文献にも
別れぎわに「お気を付けて」の意味で
「おしずかに」と声をかける場面があるとか。

 「静か」には平穏という意味もあるのだ。
確かに「静かな生活」というものには
平穏な生活という意味も込められている。

 でも、この美しい言葉は
だいぶ使われなくなってきているらしい。
たとえ、一部の地方でのみ通じる言葉であっても
廃れていくのはちょっと寂しい。

 先ほど、私は誤解してしまうかも?と書いたけれど
部屋に入りながら「どうぞお静かに」と言われたなら
たぶん、その真意はわかるのではないかと
ちょっと思うようになった。

 言語はコミュニケーションのほんの一部でしかないのだから。
[PR]

by arizonaroom | 2015-07-28 23:50 | 英語&日本語&スクール | Comments(2)

今日のグレイス

f0037623_23341188.jpg


プリンケーキ
f0037623_23343873.jpg


ヨーグルトチーズケーキ
f0037623_23353083.jpg


オレンジヨーグルトゼリー
f0037623_23361127.jpg

f0037623_23362611.jpg


抹茶ミルクゼリー
f0037623_23365790.jpg

f0037623_23371248.jpg


 今日も朝から恐ろしく暑い。
熱中症が怖いので
お客様を室内に誘導すべく
庭のテーブルに
パラソルを差すのはやめることにした。

 それでも小さなお子さんたちは
室内にお母さんを残し外へ出て行ってしまう。
夏休みだからエネルギー有り余っているのかな?
もっともすぐ戻ってきたけれど。

 今週も暑すぎるのか
お客様が少ないのが寂しい限り。

 
グループホームの方々は元気いっぱい
 
f0037623_23461290.jpg


 
[PR]

by arizonaroom | 2015-07-27 23:45 | 喫茶室グレイス | Comments(0)

日本人とアメリカ人の平熱

 niftyの記事で興味深いものを見つけた。

 『爆笑ニューヨークPOWERFUL』の著者で、
ニューヨーク在住の竹内玲子さんによると、
アメリカ人の体温のほうが高いというのである。

 この事実には別に驚かない。
確かに夫の平熱は高いし
「熱がある」という温度の認識がまったく違うからである。

 竹内さんが医師に聞いた話によると
日本人とアメリカ人では血液に比重が違うのだそうだ。

 アメリカ人のほうが比重が高く、つまり濃度が高いので、
 蓄熱量が高いと考えられる。
 アメリカ人は赤血球が多いのである。

 なんと科学的なお答え。

 でも、でも私納得できない。

 「アメリカ人」というこのくくりの大きさは何?

 たとえば、アジア人、白人、黒人というような
人種のくくりならわかる。

 でも、この場合は人種がどうのこうのとは言っていない。
「アメリカ人」と言っているのである。

 つまりは、何?
日系アメリカ人も日本人より赤血球が多いと?

 人種ではなく環境で左右されるのだと?

 いや~そんなことはないでしょ!
 
 ここでいうアメリカ人ってもしかしたら白人のこと?


 しかし、ここでも矛盾が。

 アメリカでは37度は平熱というのが常識なら
日系人もそういう認識の中にいるの?

 なんだかとっても謎だらけの説なのである。
[PR]

by arizonaroom | 2015-07-26 23:43 | 異文化 | Comments(0)

子どもの三味線発表会

f0037623_2345540.jpg


 恒例の長唄ゆかた会のコンサートに
今年もうちの小学生の生徒(男女、別の学校)が2人出演!

 三味線が趣味ってなかなか渋い。
[PR]

by arizonaroom | 2015-07-25 23:48 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

アウトレット

 普段は夫婦ふたりともコンタクトなので
メガネはほとんど自宅専用である。

 だからといって壊れたフレームを接着剤で付けてまで
古いメガネを使用し続ける夫って・・・。

 一応、彼とのために弁護すれば、
新調する意思はずっとあったけれど
メガネ店に行くのが面倒といった単純な理由なのである。
(ハーレーのカスタマイズにはあんなに積極的なのにねえ・・。)

 ということで私がせかして
三井アウトレットモールのZoffへ直行!

 ついでに私も予備を作ることに。

 ここで、問題なのは私の視力の悪さである。
薄型レンズをにしても
幅が広がれば広がるほどぶ厚くなっていくので
幅が狭いフレームしか選べない。

 昔のようにトンボメガネや茄子型メガネが
流行っている時代でなくて本当によかったと
つくづく思う。

 Zoffでは今キャンペーン中で
2個買うと1つが10パーセントオフになるのだが
感心なことに高い方を10%オフにしてくれる。

 アメリカでは
よく二つ目半額というキャンペーンをやっているが
こちらでは割引の対象になるのは絶対的に安い方である。

 これだけでも素晴らしいのに
夫は、店のサービスにも感嘆している。

 「料金はアウトレットなのに
 サービスは高級店並みだねえ。
アメリカの激安メガネ店では
ここまで至れり尽くせりのサービスはしないよ。」と。

 もちろん、品質に関しては
金額が安いのでそれなりだとは思うけれど
別にいいのである。
自宅用なので。



 

 

 

 
[PR]

by arizonaroom | 2015-07-24 23:38 | ショップ&レストラン | Comments(0)

バター不足

 生乳生産者や乳業メーカーで作る一般社団法人「Jミルク」は
2015年度の国内のバターの供給量が需要量を上回る見通しになったと発表した。

 我が家はお菓子も作るのでバターの消費量がけっこう多いから
これは朗報である。
教会喫茶室グレイスのケーキスタッフとしても朗報だ。

 何しろ頼みの綱のコストコもあったりなかったりしていたし。

 でも、うちの近所の個人でも買う事のできるおろし問屋は
値段がリーズナブルなのに
「5個以上お買いください。」と書かれている。

 他は「おひとり様1点」だというのに。

 仕方が無いので、というのはうそで
毎回「やったー」と思いながら毎回5点買っている。

「二人暮らしなのに、なんでそんなにバターがいるの?」とは聞かないでください。
[PR]

by arizonaroom | 2015-07-23 23:57 | クッキング&レシピ | Comments(0)

ドナルド・トランプ

 アメリカ大統領選の候補者で共和党支持率トップは
なんとあのドナルド・トランプ氏だという。

 彼は失言、暴言が多いのだが、
それを「よくぞ言ってくれた!」と喜んでいる層がいるからである。


 アメリカ人は世界中あちこちに住んでいて
あちこちで国際結婚をしている。
異人種間の結婚もごく普通である。

 それが証拠に日本でも
アメリカ人と日本人のカップルはもはや珍しくもなんともない。
タレントの「ハーフ枠」も、もういっぱいだ。

 でも、いざアメリカ国内を見てみると
意外とアメリカ人同士の異人種間結婚は
それほど多くない。

 たとえ異人種でも
アメリカ人同士なら国際結婚より
文化や言葉の壁が無い分、楽だろうに。

 アメリカは人種多様な社会で
それをサラダボウルと表現されていた。
完全に溶けずにそれぞれが、それぞれの形のまま
雑多にまじりあっている状態のことなのだと思う。

 今、そのサラダボウルが
サラダボウルですらなくなった。
それぞれがひとつのボウルから飛び出してしまったのだ。

 どの人種にも良い人がいれば悪い人もいる。
そんな人間の根本を忘れて
感情的な人種対立だけが日増しに大きくなっていく。

 アメリカ人の本音はマスメディアを追うだけでは
見えてこない。
 
 トランプ氏をそんな本音を出せない層の代弁者なのである。


 
[PR]

by arizonaroom | 2015-07-22 23:42 | 異文化 | Comments(0)