<   2015年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

マイナンバー

 夫が初めての病院に行くことになった
保険証を用意しながら
「マイナンバーもいるかなあ。」とつぶやいていたら

 
「Your number?」と聞き返された。

 「違うよ。Your "My Number"!」

 「え~?My your number? 僕の? 君の?どっち?」

確かに、My numberは私のナンバーで
your number はあなたのナンバーだ。

 どうしてこんな外国人が混乱するようなネーミングにしちゃったのかなあ。
 
[PR]

by arizonaroom | 2015-12-21 23:21 | 日常&雑感 | Comments(0)

アメリカのクッキー・マフィン

f0037623_23531356.jpg

f0037623_2353392.jpg


カラフルすぎる!
[PR]

by arizonaroom | 2015-12-20 23:54 | 異文化 | Comments(0)

ランサムウエア

 アメリカから帰国直後、私のノートパソコンが
ランサムウエアにやられてしまった。

 パソコンに保存してある写真やワードやエクセルで作ったドキュメントが
ある日突然開かなくなったのだが
開く前には既に異変に気が付いていた。

 フォルダすべてにクロームのマークが出ており
その下には、how recover + akd とあったからである。
そしてファイルの拡張子子は全てvvvに変更されてしまっているのだ。

 つまり私の保存していたファイルは外部の何者かによって
鍵をかけられてしまったのだ。
それを開く鍵を欲しければ金払えという
まさしく身代金ウィルスなのである。

 誓っていうが私は変な添付ファイルなど開いてはいない。
それに、声を大にして言いたいが
ウィルスソフトは有料のコースにしっかり入っているのである。

 バックアップはほとんど取ってある。
だから実害はたぶん大したことはない。

 でもバックアップからもう一度入れたりするのは
ものすごく面倒だ。
気分も悪い。

 ウィルスをばらまいた犯罪者にも腹が立つが
ウィルスソフトを売っている会社にはもっとムッとする。

 お金を払っているのである。
それなのに守ってくれなかった。

 聞くところによると、ノートンやマカフィーなどの購入者には
被害はなかったとか。
とりあえず駆除だけはできたが。

 もうこの会社はやめよう。
と思っていたらいつの間にか更新されていて
クレジットカードから引き落とされていた。

 自動更新に設定していたらしい。

 あーあ。

 

[PR]

by arizonaroom | 2015-12-20 00:05 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

ランサムウエア

 アメリカから帰国直後、私のノートパソコンが
ランサムウエアにやられてしまった。

 パソコンに保存してある写真やワードやエクセルで作ったドキュメントが
ある日突然開かなくなったのだが
開く前には既に異変に気が付いていた。

 フォルダすべてにクロームのマークが出ており
その下には、how recover + akd とあったからである。
そしてファイルの拡張子子は全てvvvに変更されてしまっているのだ。

 つまり私の保存していたファイルは外部の何者かによって
鍵をかけられてしまったのだ。
それを開く鍵を欲しければ金払えという
まさしく身代金ウィルスなのである。

 誓っていうが私は変な添付ファイルなど開いてはいない。
それに、声を大にして言いたいが
ウィルスソフトは有料のコースにしっかり入っているのである。

 バックアップはほとんど取ってある。
だから実害はたぶん大したことはない。

 でもバックアップからもう一度入れたりするのは
ものすごく面倒だ。
気分も悪い。

 ウィルスをばらまいた犯罪者にも腹が立つが
ウィルスソフトを売っている会社にはもっとムッとする。

 お金を払っているのである。
それなのに守ってくれなかった。

 聞くところによると、ノートンやマカフィーなどの購入者には
被害はなかったとか。
とりあえず駆除だけはできたが。

 もうこの会社はやめよう。
と思っていたらいつの間にか更新されていて
クレジットカードから引き落とされていた。

 自動更新に設定していたらしい。

 あーあ。

 

[PR]

by arizonaroom | 2015-12-19 22:05 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

f0037623_00084243.jpg
 アメリカのスーパーでは銃が普通に売られている。
[PR]

by arizonaroom | 2015-12-18 22:00 | 異文化 | Comments(0)

アメリカでスマホ

 以前はアメリカに行くたびにプリペイド携帯を購入していた。
レンタルより便利だし、何より安いのである。

 しかし最近は時代の波にのってスマホである。
アメリカの家族がもう使用していないスマホに
WALMARtで購入したプリペイドsimカードを入れる。

 1か月データと電話使い放題で50ドル弱。
これは便利。

 もっとも電話をかけなければ
日本のスマホもけっこう使える。
もちろんデータはoffにしてあるが
たいていの場所でwifiが使用できるのだ。

 どこの家でも、年寄だけの両親宅でも
wifiだし
病院もリハビリ施設も空港もモールなどでも無料wifiが使える。
使えないのは車で移動している時くらい。

 アメリカでのサーチはもちろん、
日本とも始終つながっていられる。

 その昔、外国に行くと浦島太郎状態になっていた時代が
ちょっとだけ懐かしい。


[PR]

by arizonaroom | 2015-12-17 23:03 | | Comments(0)

納会

f0037623_1212628.jpg
f0037623_1213550.jpg


 親戚のおばの手作り料理。
今年ももうおしまい。
[PR]

by arizonaroom | 2015-12-16 23:20 | クッキング&レシピ | Comments(0)

セドナ

アリゾナのセドナ
f0037623_23254086.jpg

f0037623_23315429.jpg

f0037623_2332897.jpg


 セドナのお気に入りのメキシコレストラン
f0037623_23331762.jpg

f0037623_23333863.jpg

f0037623_23335822.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2015-12-15 23:34 | | Comments(0)

グレイスのクリスマス

f0037623_1825518.jpg


f0037623_18261363.jpg


f0037623_18262695.jpg


f0037623_18264224.jpg


f0037623_18265578.jpg


f0037623_18271780.jpg


 今日はグレイスのクリスマス。
三種の盛り合わせだったのだが
そういえばケーキに名前を付けていなかったことを思い出した。

f0037623_18281352.jpg


f0037623_18302012.jpg


 三種のケーキの盛り合わせは先着30名だったのだが
50名超えてもお客様がいらしてくださったので
急いで5皿追加した。

平日の午前でしかもまだクリスマスから遠いのに
大勢のお客様に大感謝である。

 最近は前半大盛り上がりで後半静かという日々が続いていたけれど
今日は後半の方が賑やかであった。

 
f0037623_18313917.jpg


f0037623_18315169.jpg


 もろびとこぞりて、きよしこのよるなどを
オカリナ、バイオリン、キーボードに合わせて
皆で賛美したり
グレイスでは珍しい牧師のメッセージも聞いていただいたり
盛りだくさんの楽しい感謝会であった。

f0037623_18394525.jpg

 
f0037623_18335315.jpg


グレイスからお客様へのささやかなクリスマスプレゼント
f0037623_1834468.jpg


 今年のグレイスはこれでおしまい。
来週はお休みなのでお間違いなく。
スタッフたちもこれで心置きなく年末年始の準備・・・・できるかな?

 来年は11日の祝日からがんばります。
[PR]

by arizonaroom | 2015-12-14 18:38 | 喫茶室グレイス | Comments(0)

義父の入院その5

 リハビリセンターは素晴らしい所だけれど
やはり、自宅とは違う。当然だが。
f0037623_23394089.jpg

f0037623_23395746.jpg

f0037623_2340953.jpg


 義父は車椅子を動かして受付に行き宣言したのだった。

「明日私は退院します。」

 スタッフは「はあ?」という感じで義父を見る。
「医師から許可を取ったんですか?」

 「いいえ、私が決めたのです。」ときっぱりという義父。

 「あのですね。医師の許可が下りなければ保険会社はお金を一銭も払いませんよ。」
とスタッフ。

 「ここではただ滞在するだけで1日千ドル(12万円)かかるんです。
ただいるだけでですよ。
それに診察料、看護料、薬代、セラピストの代金が上乗せされます。
保険会社が払うのを拒否すればそれらが全部自費になるんですよ。」

 これが現実なのである。
アメリカではすべての実権を握っているのが保険会社なのである。

 検査も手術も転院も
保険会社が認めなければできないのである。

 最初に義父が救急車で運ばれた時
(救急車も有料である)
義父も家族も検査を拒否してそれは受け入れられたが
日本では有無もいわせずに即検査が行われたことであろう。
 
 保険のあるなし、お金のあるなしはこの段階では一切関係なく
命を救うために最善の努力を尽くすであろう。

 今、自由化の波が押し寄せているが
医療保険だけは日本のシステムを崩さないでほしいものである。

 ちなみにアメリカ資本の保険会社も日本に進出してきてはいるが
アメリカ式ではなく日本式で売り出しているため
たとえ日本在住でも
一部の保険はアメリカ国籍者およびグリーンカード保持者は入れなかったりするのである。
(詳しくはこの過去記事をご覧ください)
 
 義父は私たちが日本に戻った直後く
無事リハビリ施設を退院することができた。
おかげさまで今は自宅で元気にしている。

  すぐにでも天国に行きたいと口癖のように言っていた義父であるが
来年の6月の結婚記念日までは
がんばって生きていくとのことである。

ここでもハンバーガー!
アメリカ人って・・・・・
f0037623_072060.jpg

 
[PR]

by arizonaroom | 2015-12-13 23:58 | 健康 | Comments(0)