<   2016年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

外食

 夫とランチを食べに行こうということになった。
場所も決まり
11時半過ぎにいざ外へ・・・。

 と思ったら夫が来ない。
何をしているのかとのぞいて見たら

 ・・・歯を磨いていた!

 確かに外出する時に歯を磨くのは
エチケットとしてはよいことである。

 でも、私たち自転車で10分の距離のところに
ご飯を食べに行くんですけど・・・。


 
[PR]

by arizonaroom | 2016-03-30 23:08 | 日常&雑感 | Comments(0)

英語でクッキングーアップルマフィン

f0037623_2322159.jpg

f0037623_23221745.jpg

f0037623_23223574.jpg


 仲良し姉妹のアップルマフィン。
もう慣れたものだよね~。
[PR]

by arizonaroom | 2016-03-29 23:23 | 英語&日本語 | Comments(0)

春休みのグレイス

f0037623_21244861.jpg


サマーオレンジ・レアチーズケーキ
f0037623_21251010.jpg


ティラミス
f0037623_21262985.jpg


バナナシフォン
f0037623_21271071.jpg


 今このブログを書いているのは午後9時半。
外は雷雨の真っ最中である。
当初の予想は朝から雨、もしくはお昼から雨ということであったが
グレイスオープンの午前中も、午後からのグレイスミーティングの時間も
天候が守られてつくづく良かったと思う。

 グループホームの方々
f0037623_213287.jpg


春休みなのでお子さんたちもちらほら。
教会の建物が改装工事中なのでいつもより少なめ。
f0037623_21334293.jpg


クローズ間近のグレイス
f0037623_21352416.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2016-03-28 21:36 | 喫茶室グレイス | Comments(0)

復活祭

 今日は復活祭。
クリスチャンにとってはこのキリストの復活を祝う日は
クリスマスより大切な日である。

でも、イースターはもともと春の女神から来たもので
その日も、春分の日の後の満月の最初の日曜となるので
毎年違う。

 そしてもともとの由来は異教徒の春の女神である。
だから、イースターという名称を嫌うクリスチャンもいる。

 最近は日本の商魂たくましい業界が
このイースターに目を付け
イースターグッズ、イースター商品が目白押しになってきた。

 もちろん、主役はキリストではなく
イースターうさぎのエッグ。

 中身は置いておいて、外側だけ真似しヒットする
・・・日本だなあ。



 
[PR]

by arizonaroom | 2016-03-27 23:39 | Comments(0)

コストコの水

f0037623_013889.jpg


 コストコブランドペットボトルの水は水道水という記事を
ネットで読んでいたけれど
本当にそうだった!
 
 たいていの日本人はペットボトルの水イコール天然水と思っているけれど
ケース買いしている人はこれが水道水であることを皆知っているのだろうか。

 もちろん、水道水そのまま売っているわけではなく
重層とかいろいろ入っているのだが。

 でも、最近は日本でも水道水を売っているのだとか。
東京の水道水というのも売られている。
東京以外で売られているのかと思ったら
都庁などでも販売されているそうだ。

 どういう人が買うのかちょっと興味深い。
ちなみに「採水地の浄水場」を指定は不可なのだそうだ。
[PR]

by arizonaroom | 2016-03-26 23:00 | ショップ&レストラン | Comments(0)

核兵器

 トランプ氏がISに対して「核兵器を使用することも辞さない。」と発言したようだ。
まったく想像力と思慮の無さには驚くばかり。

  情けないのは日本の政治家。

 唯一の被曝国としてなぜ抗議しないのだろうか。

 彼の発言をひとごとのように報道するマスコミにもがっかりである。
[PR]

by arizonaroom | 2016-03-25 23:55 | ニュース | Comments(0)

ルーチン?

 新たに作られたカタカナ語が苦手である。

 特に最近よく聞かれるようになった「ルーチン」。

最初に聞いた時
は?ルーチン?と耳が点になった。
(こんな変な日本語を作る私も?だが。)

 もちろん文脈からすぐ語源はわかった。
routineである。英語でよく使われることばだ。

 でもルーチンなんかでは決してない。
あえてカタカナにするならルティーンだ。

 そもそも何でこの英語崩れのこの単語を使わなければいけないのか
理解に苦しむ。

 まあ、確かに日本語になりにくい言葉ではあるが。

 重大インシデントとかネグレクトとかイノベーションとかもそうだけど
英語の幅広い意味を狭めて、
ひとつの意味だけで使用するのが定着してしまうと
日本人はますます英語が苦手になってしまうと思うのだけどなあ。
[PR]

by arizonaroom | 2016-03-24 23:53 | 英語&日本語 | Comments(0)

Identity

某アジア国出身の友人がいる。

彼女の夫は別のアジア国出身で
ふたりは日本で出会い結婚した。

 夫は既に日本に帰化したが
彼女はまだそのままである。
ふたりは将来的に、お互いのどちらの国にも住むことは考えておらず
一応日本に骨をうずめる覚悟をしている。

 一方ふたりの子供たちは
アメリカで生まれたものの人生の大半は日本で過ごした。
アメリカと日本の二重国籍で。
両親の国の国籍は取得していない。

 子供たちにとって両親の国は外国である。
住んだこともないし、言葉もしゃべれない。

 ちなみに家族の言語は日本語と英語だ。

 日本が故郷のふたりだが通った学校はアメリカンスクールで
現在はアメリカの大学に在学中。
日本語はいささか怪しいレベルである。

 ここで私は聞いてみた。
「ふたりのアイディンティティはどこにあるの?」と。

 友人の答えは
「簡単よ。彼らはアジア系アメリカ人よ。
アメリカには多種多様の民族がいるからそれが自然なの。
もちろん、彼らにとってホッとする場所は日本なんだけどね。」

 確かに、血統主義を重んずる日本人には
なかなか彼らを日本人とは認めるのは難しいかもしれない。

 納得はしたもののまだなんとなく釈然としないものが残る。

 日本よ。それでいいのか。

 ヨーロッパにはたくさんの中東系の移民がいる。
彼らの多くはそこで生まれその国の言語で考えその国を故郷としているのに
いまだに排斥されている。

  自分の国に認められていない彼らが求める心の故郷。
それにつけ込むテロ組織。

 昨日のベルギーで恐ろしいテロが起こった。
もちろん許せることではない。

 でも、だからといってより移民2世3世を彼らをますます排斥して
追い詰め、彼らのアイディンティテイを崩壊させてしまうことは
もっと許せないことだと私は思う。

 

 
 
[PR]

by arizonaroom | 2016-03-23 23:02 | 異文化 | Comments(0)

年号

 昨日のグレイスでのこと。

 常連さんが北海道に旅行に行くのだとパンフレットを見せてくださった。
「行きは新幹線で帰りは飛行機だよ。
30年には札幌まで新幹線が延びるから
それまで待とうかな?」

 え?30年?
このお客さんは70代・・・。

 「ははは、俺生きてないかもね。」

 しかし、ここで私は大きな間違いを犯していたことに気が付いた。
私が思っていたのは2030年だったのだが
実は平成30年のことだった。
2年後だったのだ。

 平成という年号に馴染みがなくなってずいぶん経つ。
何しろ使用するのは役所と病院のみ。
ここで用紙に記入するたびに
「あれ?今何年だったけ?」と迷ってしまう。

 今や西暦が主流である。
しかし昔は違っていた。

たとえば、自分の入学、卒業、就職、結婚などの節目の年は
さすがにどちらもわかるけれど
両親の生まれた年は元号のみで西暦は曖昧。
 
 
昭和天皇御崩御の年は元号しか覚えていない。

 ここでいくつかの大きな事件を思い出してみて
なんとなくわかってきた。
たぶん2000年が境なのかも。

 このあたりから西暦の方が幅を利かせだし
元号と西暦の優先順位が逆転したのだ。

やっぱり日本でしか通用しないし
元号は変わった時に計算が面倒だし
昭和元年も昭和64年も非常に短かったし。


 よく考えてみると日本史は西暦が主流だ。
そもそも元号というのはその時代に生きている人にしかよくわからないのである。
そして日本人にしかわからない。
未来の人もわからない。

 今や時代遅れの感がある元号だけど役所が使う限り、
とりあえずは残っていくのだろうな。


 
[PR]

by arizonaroom | 2016-03-22 23:31 | 日常&雑感 | Comments(0)

今日のグレイス

f0037623_21232267.jpg



いちごのロールケーキ
小学生の男の子に「いちごは何を使っているんですか?」と聞かれた。
答えは「とちおとめ」です。

f0037623_20371580.jpg


ベークドチーズケーキ
f0037623_2037297.jpg


カステラ
f0037623_20374471.jpg



オレンジゼリー

f0037623_2038098.jpg


フィナンシェ
f0037623_20382373.jpg


 桜の開花宣言があったとは思えないほど冷え込んだ朝。
それでも昼ごろには暖かさが戻ってきた。

 
f0037623_20465375.jpg


 
f0037623_20575681.jpg


 寒かったせいか、連休の最終日だったせいか
オープン時はいつもより少な目であったが
 会堂でセミナーが開かれていたため
セミナーの出席者の方々も短い休憩時間に
ケーキとコーヒーでのブレイクタイムを楽しんでくださった。


 
f0037623_2111010.jpg


その他にも新しいお客様が2組。
「前から気になっていた」とおっしゃるお散歩途中の若いご家族と
このブログをご覧になっていらしてくださった親子の方である。

 このブログからもたくさんの出会いがあり本当に感謝!


 
[PR]

by arizonaroom | 2016-03-21 21:20 | 喫茶室グレイス | Comments(0)