<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

教会夏祭り

f0037623_2359497.jpg

f0037623_00933.jpg

f0037623_002450.jpg


 一瞬豪雨が来たけれど本当に一瞬で
大賑わいの2時間でした~
[PR]

by arizonaroom | 2016-07-31 23:01 | クリスチャンライフ | Comments(0)

夏休み英語でクッキング・ピーナッツバタークッキー

 姉弟と姉妹4人のクラス。
お友達のクラスが6月にクッキングをやったと聞き
自分たちも!とずっとせかされていた私たち。

4~7歳のクラスなので何事も順番で。
 
f0037623_232487.jpg

f0037623_2343314.jpg

f0037623_2345584.jpg

f0037623_235222.jpg

f0037623_2355137.jpg

f0037623_2361465.jpg

f0037623_2363571.jpg


 途中で4歳の子に「ETSUKOさんは何で日本語が話せるの?」と聞かれた。
他の子が「だって日本人だから」とフォローしてくれたけど
日本人だと思われていなかったのかな~。

 
[PR]

by arizonaroom | 2016-07-30 23:09 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

夏休み英語でクッキングその2ブラウニー

f0037623_23281825.jpg

 今日は中学1年の女の子とそのお母さんとお母さんの妹のクラス。
(不思議なクラスだけどもう6年くらい続いている。)

 前回のクラスに続いて今回もブラウニーだけど
トリプルチョコではなくダブルチョコ。
うっかりチョコチップを入れ忘れただけだけど。

はい、メニューをしっかり見て。
f0037623_23303211.jpg


小さな子どもたいのクラスのように「次は私の番」というようなけんかはない。
f0037623_23311739.jpg


はい、できあがり。
f0037623_2332041.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2016-07-29 23:33 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

スマホ

 80歳になったばかりの英語の生徒さん。
最近、スマホに替えたばかりである。

 「どうですか、慣れましたか?」
「それがちょっと問題が・・。」

 「昨日メールを送ったと言われたけど届いていないの。」

 どれどれ・・とメールを拝見。
「あれ?来てますよ。
もう既に開封されています。」

 「あらあら、あ、でも読まなくていいわ。
昨日電話で話をしたから。」

 「それより未送信のメールが4通も。」

 「え?そうなの?」

 「○×さんのメール送れていないですよ。」
「ああ、道理で確認の電話が来たんだった。
送れていなかったのね。
なぜかしら。」

 「・・・アドレスが固定電話になっています。
ショートメールは携帯にしか送れないですよ。」

 「え?家の電話には送れないの?」

 「固定電話でどうやってメール見るんですか?」

「あら、そうね。」

 メールを着信した時、音が鳴らないというので
設定を見たら風鈴のチリーンという微かな音なのであった。
こりゃ、私でも聞こえんわ。

 これも設定を替えた。

 この生徒さんのチャレンジはまだまだ続く。
[PR]

by arizonaroom | 2016-07-28 23:34 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

投票してはいけない理由

 ネットが普及してから、多くの情報が入るようになり
本当に便利な世の中になった。

 でも都知事選に関しては戸惑うことばかりである。
なぜなら、この人を選ぶ理由より
選んではいけない理由ばかり目についてくるからだ。

 消去法で行こうかと思ったけれど
これだと全員消えてしまう。
 そして私が入れた人が当選しても
後になって後悔しそう。

 こうなると3人以外の透明人間たちから選ぼうか。
昔から思っていたこのひどい差別。
確かに可能性はゼロに近いかもしれないけれど
こうまであからさまにするのはちょっと。

 まあ泡沫候補と言われようと毎回元気に出ている人もいらっしゃいますが・・・。

 そうだ!白紙のかわりに、棄権のかわりに
泡沫候補だ!

 泡沫たってまともな人もいるんだし。

 でも皆が同じこと考えてイギリスのようになってもな・・

 と、いつまでたっても結論が出ない私なのでした。
[PR]

by arizonaroom | 2016-07-27 22:15 | ニュース | Comments(0)

夏休み英語でクッキングートリプルチョコレート・ブラウニー

 仲良し姉妹の今日の「メニューはトリプルチョコレート・ブラウニー。
なぜトリプルなのかというと
ココア・板チョコ・チョコチップの3つが入っているから。

今日は型を2つ使用するので2人別々。
f0037623_23215018.jpg


f0037623_23233741.jpg

f0037623_23243697.jpg


胡桃を刻む手つきも慣れたもの。
f0037623_2325777.jpg


けっこう力がいるなあ。
f0037623_23255323.jpg


できあがり!
f0037623_23265493.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2016-07-26 23:27 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

今日のグレイス

f0037623_20453266.jpg


桃のヨーグルトスフレ
f0037623_20472888.jpg


ティラミス
f0037623_20481426.jpg


マンゴートライフル
f0037623_20485942.jpg


杏仁豆腐
f0037623_2046733.jpg


 ここ数日間はけっこう過ごしやすい陽気である。
そのおかげでお客様も順調。

 
f0037623_20503163.jpg


でも夏休みなのに子どもの姿はみえない。

 
f0037623_20511831.jpg


グループホームのテーブルにアイスコーヒー用のシロップを持って行くのを
忘れてしまった私に
ホームの女性がひとこと。
「忘れるっていいことよ。」

 フォローありがとうございます。

 このホームには最近認知症がけっこう進んできた女性が
いらっしゃる。
でも歌が大好きで
今日も「いつくしみ深き友なるイエスは」と
口ずさんでいらっしゃった。
時々基本的な動作もわからなくなってしまうのに
ここで毎週歌う賛美歌の歌詞はしっかり
覚えていらっしゃるのである。

 敬老の日のグレイスではゴスペルコンサートを計画しているので
喜んでいただければと思っている。

 外には小さなお子さんも。
f0037623_2056196.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2016-07-25 20:58 | 喫茶室グレイス | Comments(0)

「よろしく」ということば

 日本人の友人を自分の所属するバイククラブのツーリングに
誘った夫。
 ちなみにバイククラブのメンバーのほとんどはアメリカ人である。

 その友人が帰宅後、夫にラインメッセージを送ってきた。

 「Sさん、Cさん、Pさんによろしくお伝えください。」

 それを見て悩む夫。

 「Sたちになんて言えばいいのだろう。」

 「Say hello to you でいいんじゃない?」

 「だって、さっきまで一緒だったのに、say hello はないよ。」

 そりゃそうだ。

 「say thank youかな?」
 
 
 まあ、普通「よろしく」にあまり意味はないんだよね。
単なるあいさつ。
 
 私も「ご主人さまによろしくとお伝えください。」とよく言われるけど
実はあまり伝えてなかったりして・・。

 同様に「お世話になっています。」もそう。

 かなり昔のことではあるが
隣人のお母さんに外でばったり会った時
「娘がお世話になっています」と言われ
「お世話していないんだけど・・。」と
その時も夫はつぶやいていた。

 まあ、そんな社交辞令にも外国人たちはだんだん慣れていき

 「お近くにお出かけの際はぜひお立ち寄りください。」も
聞き流せるようになり
褒められても
「いえいえ、とんでもないです。」と
ごく自然に言えるようになるのであった。
[PR]

by arizonaroom | 2016-07-24 23:56 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

トランプ党

 トランプフィーバーの陰で
共和党は確実に壊れ始めている。

 小泉フィーバーの時もそうだった。
自民党ではなく小泉党。
だから彼が引退後は自民は弱まり、政権を取られてしまった。

 共和党のダメージは自民の百倍、千倍?
トランプ後は本当に大変だろうな。
[PR]

by arizonaroom | 2016-07-23 23:01 | ニュース | Comments(0)

トランプの子ども達

 共和党大会の様子を見ていて驚いた。
トランプの息子と娘がハンサムで美人。
しかもスピーチが上手。
大観衆の中で堂々としている。

 このふたり、学業面でもビジネス面でもかなり優秀らしい。
そして一番大切な私生活もしっかりしているらしい。

今までトランプを胡散臭いやつと思っていたけれど
かなり見直した。

 以前見たネットの記事で
アメリカの大富豪は子どもに財産を残すのではなく
自分自身でも財産を残せるような教育を授けるのだというのがあったが
まさにその通りである。

 彼らの母親とは自身の浮気が原因で離婚してしまったけれど
子ども達はかくもまっすぐに育ったのだ。

 しかし、大観衆が「America First!」と唱和する姿は
かなり不気味である。

 大国アメリカが内向きになった時に何が起るのか。
それは過去の孤立主義時代が物語る。

 トランプ政権がもし誕生したら、新たなアメリカ孤立主義時代が始まるのだろうか。
そして、世界はますます混沌としてくるのだろう。

 
 
[PR]

by arizonaroom | 2016-07-22 22:06 | ニュース | Comments(0)