<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

紅白

 夫が紅白を見ながら「SMAPがいないねえ。」と。

 え~、この人はこの1年の騒動を全然知らなかったのか~。
まあ、ワイドショーも日本のエンタメのオンラインも週刊誌も
見ていないから当たり前か。

 でも、私も話題にしてなかったっけ?

 で、ここから長ーい説明を。

 説明しながらも「なんか違うなー」と思う。
この1年の出来事をわかりやすく、
しかも正確になんて説明できないわ~。
それも英語で。

 説明しながらわかったのは
私も実はよくわかっていなかったということ。

 ジャニーさん、メリーさん、飯島さん、いや~難しいわ。

 夫はというと、たぶん理解できなかったとは思うが
そんなことどうでもよいようで、
特に何の反応もなかった。

 でも、今回のスマップ騒動はトランプ旋風とも共通している。
どちらもマスコミはネット民を抑えることができなかった。

 ということで2016年ももう終わり。
皆さんもお疲れ様でした。

 
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-31 23:51 | 映画&TV&本 | Comments(0)

メキシコ料理

f0037623_014321.jpg

かなりポピュラーにはなってきたけれど
まだまだ日本でメキシコ料理の食材を探すのは難しい。

 どいうことで、夫はサルサソースからエンチラーダソース、
リフライドビーンズをすべて手作りしていた。

 幸いなことにうずら豆も、フレッシュコリアンダーもハバネロもあるので。

 とはいえ、トルティーヤの皮が小さくてエンチラーダは包むかわりにレイヤーにしたり
ハラペーニュのかわりに唐辛子を入れたりと
少し風変りなメキシコっ料理に仕上がった。

 夫いわく
「新しいメキシコレストランを見つけたと思って食べてください。」だって。
 これはこれで美味しかったけどね。
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-30 23:11 | クッキング&レシピ | Comments(0)

英語でクッキング チョコチップクッキー

f0037623_0165266.jpg

姉妹と姉弟4人のクラス。

混ぜるのは皆平等に。
f0037623_0173463.jpg


f0037623_018014.jpg


スプーンで落とすだけだけなんだけど意外と難しい。
f0037623_0181577.jpg


出来上がり
f0037623_018315.jpg


ヤミー
f0037623_0184254.jpg


 このクラスの後に5歳の男の子のクラスがあるので
クッキーを少し残してもらうことに。
皆優しいね。

 今年の英語教室は今日でおしまい。
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-29 23:54 | 英会話スクール&英語 | Comments(0)

クラウドアトラス

 2012年のハリウッド映画。

 6つの時代のエピソードが交錯しながら展開していく。
それぞれかかえている問題は違っていても
人間の弱さ、悪の誘惑は同じ。
そして今ある状態に疑問を感じ、変わろうとする姿も。

 それぞれの時代を同じ俳優が演じているのが
なんとなく輪廻転生を見る者に感じさせるが
そこまで強いメッセージを出しているわけではないと思う。
時空を超えてつながっているようなエピソードもあるけれど
それもほのめかす程度である。

 トムハンクスはじめ、俳優たちが
別の時代のまったく違うキャラクターを演じているのも見ものだ。
うっかりすると同じ俳優だというのを見逃してしまったりもする。
こんなにキャラクターがバラバラだと役作り大変だったろうな。

 一番古い時代だと思っていた物が
実は一番新しい近未来だったというのも衝撃。

 人間は同じ過ちを繰り返すが、変わろうとする勇気も持っている。
後味のよい映画である。

 
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-28 22:50 | 映画&TV&本 | Comments(0)

メニコン

 半年ごとに2ウィークコンタクトレンズを購入しに行っているのだが
右目の乱視がまたひどくなっていた。

 オーダーメイドのハードコンタクトと違って
ソフトは既製品の中から選ばなければならないので
大変である。

 強度の乱視と近視の私に合うのは実はもうメニコンしかない。
(これでも完璧に矯正はできないのだが、)
メニコンさまさまだ。

 普通検眼するたびにサンプルを1個ずつもらえるのだが
そのサンプルすらない。
需要がないのだから仕方がないが。

 もちろん、お店には在庫もないのでメーカーから直接送ってもらう。

 思えば、私の最初のコンタクトレンズは
メニコンのハードであった。
これからも当分メニコンのお世話になるのだろうな。
 

 
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-27 23:53 | 日常&雑感 | Comments(0)

ホームベーカリー

 久しぶりにホームベーカリーを使ってパンを焼いた。
最近はピザの生地を作るのみだったのである。

 でも途中で様子を見てみたら全然生地が混ざっていない。

 とうとう壊れた?

 もう5~6年は使っているだろうか。
電化製品の修理は非常に不経済なので
買い替えしか選択肢はない。

 ほぼ買い替えモードになった頃
突然気が付いた。

 かくはん用の羽根を付け忘れていた!

 途中で止めて、中身を出して羽根を付けたら
綺麗に仕上がった。

 昔は電化製品は20年近く持ったりしたけれど
最近は機能が複雑になった分
サイクルが短いので
動かない→故障?→すわ買い替えと脳内変換されてしまうのである。

 消耗品として電化製品を扱っていたことにちょっと反省だけど
でも残念だけどそれが今の世の中の風潮だよね~。



 
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-26 22:12 | クッキング&レシピ | Comments(2)

ターキー

f0037623_23483624.jpg

ターキーのホワイトミートとマッシュポテト、
ターキドレッシング(スタッフィング。でもターキーとは別に焼く。)
野菜(ハヤトウリ、赤ピーマン、しめじ、マイタケ、ガーリック、ブロッコリー)
グレイビー(ターキーの肉汁、牛乳、コーンスターチ、ホイップクリーム)
f0037623_23485162.jpg


夫特製のアップルパイ
f0037623_2349113.jpg

f0037623_23492444.jpg


 作るのは大変だけど、食べるのはあっという間。
ターキーはホワイトミート、ダークミートに切り分け保存。
残りの肉と骨でスープを作りこれも保存。

 たぶん明日はホワイトミートでターキーサンドイッチかな~。
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-25 23:56 | クッキング&レシピ | Comments(0)

クリスマスの起源

 12月25日はキリストの誕生日ではない。
元々、太陽神の祭りに
初代のキリスト教徒指導者が便乗し
クリスマスと設定したものである。

 だから夫は、彼にとってはクリスマスは
もはや特別な日ではないと昨年あたりから宣言している。
クリスマスツリーも異教徒のイメージなので
それも飾らないと。

 それなのに、クリスマスの日にはターキーを調理し
パンプキンパイも焼き
イブの今日、クリスマスの映画をしっかりと3つも見てしまっている。

 「素晴らしきかな、人生」と「クリスマスキャロル」と「34丁目の奇跡」

 34丁目なんか、サンタクロースの話なんだけど。

 なんだかんだ言っても日本のお正月と同じように
アメリカ人にとってクリスマスは
心と体に染みついているものなのである。
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-24 23:09 | クリスチャンライフ | Comments(2)

英語でクッキング アップルマフィン

 姉妹とその友人のクラス。
f0037623_23574742.jpg


卵を割るのは難しいよ~
f0037623_03848.jpg


f0037623_2359460.jpg
f0037623_23591249.jpg


出来上がり!
f0037623_23593680.jpg


Yummy !
f0037623_00291.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2016-12-23 23:56 | 英会話スクール&英語 | Comments(0)

プリンターとインク

 年賀状の季節になった。
プリントごっこ、ワープロ、パソコンなどが普及するにつれ
たいていの人が自宅で作成するようになって久しい。

 さぞ、安上がり・・と思いきや
それがそうでもない。
なんといってもプリンターのインクが高い高い。
しかも無くなるのも早い。

 写真も家で印刷できるから便利、楽、安いと思うのも間違い。
最近気が付いたのはネットなどで注文できる写真の安いことといったら!
しかも品質もよい。

 もしかしたら年賀状印刷も同様なのかもしれない。
外注の方が安かったりするのかも。

 確かにコピー、スキャンもできる複合機は機能の割に
安いと思う。
でもインクが高いのだ。
会社はたぶんインクで利益を出しているのである。

 メーカーは純正のインクを使わないと壊れると脅すが
4回インクの購入値段で新しい機種が買えるのだったら
安い互換インクでプリンターが壊れても
8回分使えるくらい持つこたえてくれたら
コスト的には同じではないかと思えてしまう。
(一応私は現在は純正を購入している。)

 今回純正インクを買ったら写真用紙が50枚おまけについてきたが
こういうのをお得、ラッキーというのではけっしてない。
これはサービスではなく陰謀である。

 写真印刷を外注するのではなく、家で印刷して
もっとインクを使用せよという策略なのである。

 こんな陰謀に負けるもんか。
家でプリントなんかせずにネットで注文してやる!

 と息巻いてみたものの
よく考えてみたら、もう私はほとんど写真を紙に印刷することはないのであった。
写真はスマホやパソコンで見られれば十分なのである。

 ともあれ、写真用紙のおまけはいらないから、
インク代自体を下げてほしいと切に思う。

 
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-22 00:29 | コンピューター&カメラ | Comments(0)