夫の手術その3

 入院の当日、書類一式を持って窓口へ。

書類をパラパラとめくって確認していた窓口係りの女性がおもむろに聞く。
「限度額適用認定証は?」
「??ありませんが。」

 「申請されないんですね。」と了解顔になる窓口係。
「はい。」と答え、急に不安になり
「それは何ですか?」と聞いてみた。

 何しろ、連帯保証人が必要だということを
前日の晩に知った私である。
入院手続きのパンフレットをしっかり読んでいなかったのだ。

 もちろん、国民保険には支払い限度額があるのは知っている。
でも、お知らせと手続きは支払った後からであり
とりあえず3割は先払いするという方法しかないのだと思い込んでいた。

 それが、この認定証さえあればその分を差し引いて払えばいいのである。

 「それはいつまでに持って来ればいいのですか?」
「金曜日までです。」

 あさってだ!
この日は実家に泊まるつもりだった。

 間に合わないかも。
まあ、先に3割払って後で戻してもらえばいいか。
クレジットカードで払えるんだし。

 と、気軽に考えて実家に向かった。

 ところで、その3割っていくらくらいなんだろう。
と、電車の中でネットで検索してみたら

 に、200万円!

 にひゃくまん。
そんなに高い手術だったのか!
クレジットカードの限度額をはるかに超えている!

 その時はパニックモードでその3割だということには思い至らず
認定証が金曜日までに提出できなければ
土曜日に200万払わなければいけないのだと思い込んでしまっていた。

 こりゃ大変、実家では遅い昼食を食べ、2時間あまりで退散し、
病院にとんぼ返り。夫が保険証を持っていたので。

 市役所のHPで必要な書類を揃え、木曜の朝一番で市役所に行き
めでたく認定証をゲット。
手術前の夫には会えなかったけれど
(夫との意思疎通に不安な看護師が私に来てほしいようだった。)
無事に窓口に提出できたのだった。


 ホッと一息。


それと同時に、病院関係者の誰も手術費のことを教えてくれなかったことを思い
ちょっと複雑な気持ちになった。

 妹たちからは「普通、自分から最初に聞くでしょ。」とあきれられたが。

 「200万と高額な手術ですが、認定証を役所から取り寄せて提出すれば
 10万とちょっとですみますよ。」となぜ言ってくれなかったのか。
(自分で調べろって?スミマセン。)
 窓口も「申請しないんですね。」と納得しないでよ。
 どう見ても金持ちには見えないでしょ。
 勘違いしているのは明白でしょ。
 

 それにしても、日本の保険システムのなんとすごいことか。
アメリカよ!これが国民保険とういうものなのだよ。

 それと同時に、なぜ国民保険が大赤字なのかというのも
これでよくわかった。

 もう、保険税が高いなんて文句は言いません。
有難く払わせていただきます。
 (私は社会保険だけど・・。)
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-18 22:54 | 健康 | Comments(0)

今日のグレイス

f0037623_21592162.jpg


クランベリーヨーグルトシフォン
f0037623_2212499.jpg


ガトーバスク
f0037623_222184.jpg


スパイスケーキ
f0037623_222292.jpg


後から出した米粉のカフェオレシフォン
f0037623_2242258.jpg

f0037623_2244918.jpg


 猛暑日で三連休の最終日。
果たして、お客さまは多いのか少ないのか予想が難しい。

グループホームの方々はいつも通り。
小さなお子さんもちらほら。
f0037623_226577.jpg


わ!暑いのに!
f0037623_2274020.jpg


後半も和やかに。
途中でケーキが少なくなったので冷凍しておいた予備のカフェオレシフォンを解凍。
f0037623_22102550.jpg

[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-17 21:57 | 喫茶室グレイス | Comments(0)

夫の手術その2 費用

 夫は国民保険に加入していて、それには療養費の上限があるのを知っていたので
手術代についてはそれほど心配していなか、った。

  この手術を勧めてくれた最初の病院の医師も、
ここの病院の医師も入院カウンセラー?も
誰も費用のことは言っていなかったし。

 それでも、後で返って来るのしても最初は3割払わなければいけないので
入院の説明を受けている時にいくらくらいか聞いてみたら
窓口で聞いてくれと。

 でも窓口では計算しますので少しお待ちくださいと言ったきり
ちっとも教えてくれない。

 別に計算してくれなくてもいいのである。
10万くらいか、30万くらいか、おおよそでいいのである。
暫く待ってみたが音沙汰が無いので
「この後、仕事があるので帰ります。」と言って帰ってしまったのだった。

 あまりにもこの手術に無知だった私はクレジットカードで払える金額だと
勝手に思っていたのだった。
 (火曜日に続きます。)
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-16 23:44 | 健康 | Comments(0)

夫の手術・入院その1

 夫が3泊4日の手術入院から帰ってきた。
 不整脈(心房細動)があり、脳梗塞のリスクは現在のところほぼゼロだけれど
将来的には薬に頼る生活になるとのことで
カテーテル手術を勧められており
この度、一大決心して手術に踏み切ることにしたのである。

 日本での手術入院は初めて。
というより入院経験自体ない。

 私はずいぶん前に入院経験があるが
時代が違うからなのか、病院によってなのか驚くことがたくさんあった。

 預り金を入れる必要がない。   
 大部屋でも窓側は有料。
 食事用のスプーン、フォークは持参。
 バスタオル持参。
   シャワー用かと思い、
   未使用のブランドタオルを渡したら、手術の時に使用したらしい。
   衛生的に大丈夫?と思ったけれど
   麻酔を打たれた夫の話なのでよくわからん。
 紙おむつ 
   本来のおむつの目的ではなく手術の時の血液の汚れ防止のため。

 けっこう合理的というか無駄がない。
  (続きます。)
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-15 23:19 | 健康 | Comments(0)

ヒアリ

 とうとう横浜港まで!
500匹以上見つかったということは
もっといるということだ。

 繁殖力の強さには恐れ入る。

 問題は猛毒だけではない。
今いる日本の蟻を駆逐してしまう恐れがあり
それが大きく生態系を変えてしまうかもしれないということだ。

  駆除をするといっても恐ろしく根気のいることだろう。
今後の経過を注意深く見守りたい。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-14 23:23 | ニュース | Comments(0)

通訳

 アメリカでは外国人が患者として病院に来た場合
病院側が必ず通訳をつけなければいけないそうだ。
そのように法律で決まっているのだとか。

 対する日本には通訳はおろか、英語を話すスタッフが極端に少ない。
だから、外国人の友人たちが病院に行く必要が出来た時
日英を話せる友人たちが、手分けして一緒に病院に行く。

 でも、あるアメリカ人の友人は絶対に日本人の夫を連れて行かないそうだ。
なぜなら、医師は安心して早口で夫にだけ彼女の病状を説明してしまう。

 後で夫にその内容を聞くと、夫は見事に忘れているというか聞いていない。

 だから彼女は一人で病院に行く。
ちなみに彼女は必要最低限の日本語はできる。
外国人ひとりだと、先生もゆっくりと話す。
そして理解できないところは彼女も質問できる。

 その方がすっきりわかるのだそうだ。

 なるほど、そういうものなのかもね。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-13 23:41 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

スマホのGPS

 スマホのGPSにはいつも驚かされている。
8階建てのビルに入った時、
なぜ私が7階のクリニックに行ったとわかるのか、
雑居ビルの中の数あるレストランのうち、
なぜ私が実際に利用したレストランがわかったのか
私にはまるで理解できない。

 でもそんなgoogleもたまに大幅に外す時がある。

 たとえば今日私が利用した多摩モノレールが
まったく反映されていない。
 立川近辺から玉川上水までがしっかり空白になっている。

 また帰りの南武線だけやはり反映されていない。

 徒歩が車移動になっていたりして。
おいおい、そんなに私は早歩きだった?

 やはりすべてがわかるわけではないのだ。

 でも、勝った負けたと無邪気に喜んでいていいわけはない。

 この私の行動はすべてどこかのコンピューターに貯蔵されていて
プロファイリングの助けになっているのである。

 たぶんこんなところからテロリストの異常な行動が
あぶりだされたりするのだろう。

 恐ろしい時代になったものである。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-12 21:18 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

年賀状

  実は先日ようやく年賀状の当選番号をチェックした。
予想通り切手が数枚。

 もうそろそろ交換日が終わってしまうのだが
なかなか郵便局に行く気になれない。

 毎年こうやって交換しそびれる私なのである。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-11 23:18 | 日常&雑感 | Comments(0)

今日のグレイス

f0037623_21484662.jpg


グレープフルーツ寒天ゼリー
f0037623_21493371.jpg


ココアパウンド
f0037623_2150464.jpg


米粉のカフェオレンジシフォン
f0037623_2151515.jpg


スパイスケーキ
f0037623_21513696.jpg


 今日も真夏日!
そのためなのか、近所の幼稚園が振替休日だったにもかかわらず
親子のお客様は一組だけ。
 
 でも、グループホームの皆さんはお揃いでいらしてくださった。

f0037623_21543449.jpg


f0037623_2155643.jpg


 アメリカから来日中の私の友人夫婦も来てくれ
夫も交えて楽しくおしゃべりもできた。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-10 21:57 | 喫茶室グレイス | Comments(0)

スマホ値下げ

 auのスマホ月額料金が値下げするらしい。
これだけ格安スマホが浸透していれば当然の結果である。

 昔KDDの国際電話は恐ろしく高かった。
でも、手段はそれしかないので皆仕方がないと思っていた。
 
 それからKDDは独占でなくなり、別の日本の会社が参戦、
その後コンピューターを通じてかけるコールバックシステムが台頭。
この時点で国際電話の料金は大幅に下がった。

 それからスカイプ、メッセンジャーなどでタダ同然の時代がやってきたのは周知のとおり。

 KDDIの料金も今は安い。
なんだ、こんなに安くできるんだと拍子抜けするほどだ。
(使ってないのでいくらかは忘れた。)
もちろん、かなりコスト下げの努力はしたのだとは思う。

 今は3社独占だったスマホも同じ道をたどっているのだろう。
彼らがライバルとはいっても、
新聞と同じようにほぼ料金を合わせていたのであるから。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-09 23:23 | ニュース | Comments(0)

気象

 東日本は真夏日が続き、熱中症で倒れる人が続々。
方や西日本では豪雨の被害が大きく
亡くなられた方も。

 まだまだ警戒が必要とのこと。
どうか、これ以上の被害が出ませんように。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-08 23:24 | ニュース | Comments(0)

クーラーが!

 リビングルームのクーラーが昼間はまったく効かない!
夜は十分涼しくなるから壊
れているわけではないと思うが。

 はてさて、どうしたらよいのだろうか。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-07 23:16 | 日常&雑感 | Comments(0)

優先席

 母と電車に乗った時のこと。
電車はほどほどに混んでいたが、母が席を見つけ座ったので
私はその前に立った。

 他に空いている席は優先席のみ。
母が「あっちが空いている。」と言ったけれど
「優先席だから。」と私はそのまま立っていた。
 
 と、母の隣に座っていた高齢の女性、
私の顔を見上げたかと思うと、すばやく優先席に行ってしまった。

 え?と茫然とする私たち。

 どうやら一般席を私に譲ったつもりのようだ。
「あなたは座りづらいようだから年寄の私がそっちに動きます」という感じ。
有難く座らせていただいたのだが。


 高齢者は、まず優先席に座るべきというのは間違っていると思う。
なぜなら、優先席が高齢者で埋まってしまったら、
次にその席が必要な人が来ても誰も席を譲れないからである。

 本来は「優先席は敷居が高くて座れない」と思う人が
まずこの席に座るべきだ。
そういう人は絶対に譲るので。
必要な人のために席を確保していると思えば
座っていられる。

 でも、本当は、全席が優先席でなければいけないんだけどね~。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-06 23:19 | 日常&雑感 | Comments(0)

親指?人差し指?

 数か月前からスマホ保持者になった母。
その母が言ったことば。

 「電車の中でスマホを打っている人を観察していると
親指で打っている人が断然に多い。
でも私は人差し指の方が打つやすいんだけど。」と。

 確かに。そんなことは考えたことはなかったけれど、
あらためて周囲を見渡すと若者はほとんどが親指である。
かくいう私は人差し指。
なぜかというとスマホを左手で持っているから。

 傍目で見ている限り方手持ちで親指打ちの人の方が熟練者に見え
両手持ち、人差し指派は初心者に見えてしまう。
まあ、統計的にはそうなのかもしれないが。

 でも大きなスマホだと親指では届かず、必然的に人差し指派になった人もいるかも。

 ともあれ、ネイティブスマホ世代ではない私は
長い文章を打つときにはスマホを置き
パソコンに走ってしまう
キーボード派なのであった。


 
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-05 23:21 | コンピューター&カメラ | Comments(0)

クッキングハウス

f0037623_2354877.jpg

f0037623_23583638.jpg

f0037623_23585399.jpg

昨日、グレイスの後、調布にある「自然派家庭料理の店・クッキングハウス」へ。

 心に病を負った人たちが働く非営利のレストランである。
居心地のよい空間で
安全な食材を使用して作られたランチを
気の合う仲間たちといただいた至福のひととき。

 ここではメンタルヘルスの勉強会やさまざまなイベントもあるらしい。
[PR]

# by arizonaroom | 2017-07-04 23:02 | ショップ&レストラン | Comments(0)