タグ:英語 ( 286 ) タグの人気記事

Hidden Figures

 
f0037623_23451464.jpg


 戦後、敗戦国日本にとってアメリカは
鬼畜から憧れの民主国家に昇格した。

 デモクラシーの最先端を行く自由の国アメリカ。
でも、1960年代には、まさかの黒人差別、
いえ、黒人区別がこんなにひどかったとは!

 リンカーンが奴隷を解放してから100年も経つというのに
宇宙に有人ロケットを飛ばそうとしているこの時代に
黒人と白人は教室で机を並べられず
バスもトイレさえ区別されていたのだった。

 今、ちょっとしたことでも、黒人差別だと叫び
デモという名の暴動が起こる国ではあるが
やっとわかった。
この時代の後遺症がまだまだ続いているのである。
それは白人には絶対にわからない根深い傷が
根をおろしているのである。

 と、話を映画に戻そう。
この映画は60年初頭のNASAで働く3人の黒人女性の
事実を基にした感動物語である。

 白人男性の社会で、黒人と女性という2つのハンディキャップを持つ3人。
恐ろしく優秀なのにそのハンディキャップゆえになかなか
自分が思うような仕事ができない。

 キャサリンは新しい部署に配置されてきたもののお掃除のおばさんと間違われ
トイレの場所を秘書に聞くも「あなた方のトイレの場所はわからない。」と言われ
敷地内をダッシュして黒人用のトイレとオフィスを往復する。

 スーパーバイザーの実力があり、実際にそのような働きをしているのに
昇進を願い出て断られたドロシー。

 メアリーは学位を取得したいのだが、
そのためには白人の大学で単位を取得しなければいけない。
そこで裁判所に駈けこむ彼女。
「あなたが扱った裁判の中で
100年後にもあなたの名が残るものはどれでしょうね。」と
ユーモアたっぷりに裁判長を渡りあう場面は圧巻だ。

 3人とも理不尽な目にあいながらも、絶望することなく
1歩1歩確実に前進していく。

 アメリカが有人飛行に成功した陰には彼女たちの努力があるのである。

 差別する方はけっこう自覚がなかったりする。
自分のことを優しい人道主義者だと信じていても
黒人がバスの公報座席に追いやられているのを不思議に思わなかったり
黒人が自分たちと同じポットでコーヒーを飲むのを
えっと思ったりするのだ。


 でも、これは事実を基に脚色もかなりされているらしい。
実際にはキャサリンを擁護し黒人用トイレの看板を壊したりする
スーパー白人男性ボスなんていなかったらしい。
彼女たちのインタビューを見ると
それほどNASAの差別はひどくなかったということである。

 いずれにせよ、彼女たちがNASAに大革命を起こしたことは
間違いない。

 

 
[PR]

by arizonaroom | 2017-05-09 23:40 | 映画&TV&本 | Comments(0)

小中学生英語スピーチ・レシテーション大会

 今年はうちの生徒の小5の女の子がレシテーションに挑戦、
見事に1位を勝ち取った。

 他の参加者たちも皆大健闘、
今年のレベルはずいぶん高い。
[PR]

by arizonaroom | 2017-03-12 23:24 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

ピアノの発表会

 英語の生徒のTちゃんのピアノの発表会に
今年も招待された。

 花屋で
「小学生の女の子のピアノの発表会用で」と注文していた時
低学年と言いそうになり、「あれ?もう5年生だった。」と気が付いた。

 今は中学生のお兄ちゃんが教室に通い始めたのは2歳の時、
私たちはTちゃんが、まだお母さんのおなかの中にいる時から
知っているのである。

 ついこの間までちょろちょろしていたのに、
もうこんなに大きくなって、とちょっと感慨にふける私。

 ついでに言うと、このピアノ教室の発表会も
もう何回も来ているので
他の生徒たちも顔なじみになってしまった。

 みんな成長している。
私も年を取るわけだ。
[PR]

by arizonaroom | 2017-02-26 23:27 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

ミックス英語

 今日は灯油販売の巡回車が来る日である。

 夫が灯油タンクを空にして
「The tank is ready to go out.」
(タンクを出せる準備ができたよ。)と言ったので
あまり考えもせずに
「じゃあ go out して。」と言ってしまった私。

 それを聞いて笑い出す夫。
 夫いわく、私のごちゃまぜ日本語英語のせいで
彼の日本語は上達しないのだそうだ。
(それだけじゃないと思うけど。)

 私も変だとは思っているけど、
ここ数年、
夫と話す時はこんな感じになってしまう。

 他の英語圏の友人と話す時は
もっとちゃんとした英語を話している(?)のだけれど。

 ちなみにgo outするのはタンクで
夫がタンクを出すのはtake outが正しい。

[PR]

by arizonaroom | 2017-02-25 22:28 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

英語でクッキング・チョコチップクッキー

f0037623_2341765.jpg

小5と中2の姉妹。
普段は別々にレッスンを受けているけれど
今日は特別にふたりで初めてのクッキングクラス。

生地を混ぜる。チョコチップとピカーンナッツ入り。
 
f0037623_23434155.jpg


f0037623_23442427.jpg



f0037623_23445215.jpg


出来上がり。
f0037623_2347413.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2017-02-05 23:48 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

英語でクッキング チョコチップクッキー

f0037623_0165266.jpg

姉妹と姉弟4人のクラス。

混ぜるのは皆平等に。
f0037623_0173463.jpg


f0037623_018014.jpg


スプーンで落とすだけだけなんだけど意外と難しい。
f0037623_0181577.jpg


出来上がり
f0037623_018315.jpg


ヤミー
f0037623_0184254.jpg


 このクラスの後に5歳の男の子のクラスがあるので
クッキーを少し残してもらうことに。
皆優しいね。

 今年の英語教室は今日でおしまい。
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-29 23:54 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

英語でクッキング アップルマフィン

 姉妹とその友人のクラス。
f0037623_23574742.jpg


卵を割るのは難しいよ~
f0037623_03848.jpg


f0037623_2359460.jpg
f0037623_23591249.jpg


出来上がり!
f0037623_23593680.jpg


Yummy !
f0037623_00291.jpg

[PR]

by arizonaroom | 2016-12-23 23:56 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

ミッドナイト・イン・パリ

f0037623_23401575.jpg

ウディ・アレンの2011年の映画である。
主役のオーウェン・ウイルソンはウディ・アレンの映画とは
合わないような気がしてたけれど
蓋を開けてみたら、アレン色にしっかり染まっていた。

 売れっ子のシナリオライターがフィアンセとその両親と一緒に
パリに来ている。
でも、このフィアンセ、誰がどう見ても主人公のギルと全然マッチしていない。
どうして婚約までこぎつけられたのかまったくもって謎である。

 1920年代にあこがれているギルは突然その時代にタイムスリップしてしまう。
でも、それはタイムトラベルがテーマのサイエンスフィクションではなく
またファンタジーでさえない。

 突然路地から現れた車に乗って20年代にスリップという
荒唐無稽な話なのに、実はとっても現実的なのである。

 タイムスリップしたという事実をあっさりと受け入れてしまうギルは
未来から来たという特権を使おうともせず
その時代に普通に入り込んでいく。
そしてまわりも、このへんてこりんな人物を普通に受け入れる。

 ここにはヘミングウェイ、ピカソ、ダリなどの有名人がたくさんいて
ギルを興奮させるのだ。
そしてここでピカソの愛人と運命の出会い・・
のはずなんだけど
この愛人も19世紀のベルエポックの時代にあこがれている。
そしてふたりはその時代にまたもやタイムスリップ。
愛人は「私ここに残る。」なんて言い出す始末。

 そうこれはサイエンスフィクションでもファンタジーでもない。
まあ、ウディアレンがこの類を書くはずはないが。

 人間は過去を美化する。
ギルがこの真理に到達したとたん、この映画は終わる。

 なんか物足りないけど、でもたぶんこれでよいのである。
なぜタイムスリップしたのかなどとこの映画では考える必要はない。
 
 こんなバーに来て、この時代のお金があるのかしら?などと考えるのも野暮である。

 非現実の世界で現実を語るのが彼の映画なのだから。

 ちなみに私はこういう話は好きである。
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-21 00:10 | 映画&TV&本 | Comments(0)

お疲れ様

 ラインの翻訳アプリを使用しながら
日本人とアメリカ人がグループメッセージをしている。

 そこで発見。

「お疲れ様でした。」という日本語が
「good-bye.」になっているのである。

確かに、仕事の終わりには
「お疲れ様でした。」と言ったりする。

 でも会話の始めに「先日はお疲れ様でした。」と言ったりする。
これもすべてGood byeろと翻訳しているのだ。

 会話の冒頭からいきなりGood byeではなあ。

 翻訳はまだまだ機械に任せておけないのである。
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-16 23:34 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)

英語でクッキング:アップルマフィン

f0037623_23433694.jpg

 仲良し姉妹の今日のメニューはアップルマフィン。

f0037623_23443835.jpg

f0037623_2345040.jpg


できあがり
f0037623_23451838.jpg


f0037623_23454095.jpg


 実はこの後、彼女たちのお父さんのレッスンが。
お父さんが来たのでマフィンを1個あげたら
娘達が横から少し取ってしまった。

 ふたりのバッグの中には12個入っているのにね~。
[PR]

by arizonaroom | 2016-12-03 23:54 | 英語&日本語&スクール | Comments(0)