フィリピン料理を食べるはずが

f0037623_22575177.jpg


 フィリピン人の友人に誘われ
日本人の友人と私の3人で
飯田橋にあるフィリピン料理店に
ランチを食べに行くことになった。

 フィリピン料理で有名なのはアドボ。
チキンやポークを特製のタレで煮込んだものだ。
私も2度ほど友人の手料理をご馳走になったことがある。
トロトロとじっくり煮込まれた鶏モモや豚バラを
香りのよいジャスミン米と一緒に食べるとこの上なく美味である。

 しかし、このお目当ての店。
土曜日の12時半というのに
本日のランチもアドボも売り切れだという。
それではどんなに込んでいるかと思いきや
店内はけっこうガラガラである。
「オーダーできるのはこちらのメニューのみです。」
と指差したのはごくごく普通のスパゲティ。

 スパゲティを食べにわざわざ飯田橋に来たのではない。
ということで何もオーダーせずにレストランを後にした。

 フィリピン人の友人は
「きっと売り切れではなくて作っていなかったのよ。」と
ちょっと憤慨している。
状況的にみて、この推測は残念ながら当たっていそう。
それとも5名限定の特製ランチ?
人気のフィリピンレストランとしては信じられないけど。

 フィリピン料理にはありつけなかったけど
気分はエスニックの私たち。
近くのショッピングセンターで
タイ屋台の店TINUNというのを見つけそこに行くことに。

 注文したガイパットガパオラーカオというご飯は
ボリュームたっぷりでおいしかった。

 
[PR]

by arizonaroom | 2007-06-02 23:18 | ショップ&レストラン | Comments(0)