2006年 09月 29日 ( 1 )

大江戸ダンス

 
f0037623_18463048.jpg

 近くの広場で、うちの生徒の小学校低学年のMくんが
大江戸ダンスを踊るというので見に行った。
メンバーは圧倒的に女の子が多いのだが、
M君はひるむことなくのびのびと踊っていた。

 大江戸ダンスという名称を聞くようになったのはここ数年である。
我が家近所の夏祭りは、「阿波踊り」と決まっていたのだが
最近は阿波踊りは日曜のみで、土曜日には大江戸ダンスなど、
別の踊りをやっている。

 この大江戸ダンスもそうだが、
ロックソーランやよさこいソーラン等、
日本の伝統的な、悪く言えば古臭い民謡や歌謡曲が
若者受けするようにアレンジされるようになり
それが大人気なのだ。
見ているだけでも楽しいのだから、踊っている方はなおさらであろう。

 この現象については様々な意見はあるだろう。
でも、日本の古き良き伝統が廃れていく中、
こういうサバイバル方法も有りなんだなとつくづく思う。
[PR]

by arizonaroom | 2006-09-29 18:46 | ニュース | Comments(0)