2018年 04月 06日 ( 1 )

新生児取り違え

 週刊誌の見出しのショッキングなニュース。
新生児取り違えか。相手には伝えず。
相手に伝えずってどういうこと?と思って
ネットで読んでみたら
なんと50年前の出来事なのだった。

  親御さんも70代~80代。
取り違えられたお子さんはとうに独立している、(たぶん)
すっと親子として生きてきたのに
今更親子じゃないって言われても。

 もちろん、今回のことが発覚したのはDNA検査をした親子がいたからである。
こちらは今どのような心境なのだろうか。

 相手方には知らせていないのだから本当の親が、本当の子が
どのような人でどのように生きていたのか知る由もない。

 この年にこの病院で生まれた人たちの心の中はざわついているに違いない。
取り違えられたのは自分かもしれないのだから。
真実を知りたい気持ちと知りたくない気持ちが交錯しているかもしれない。

 当事者にしかわからない苦悩。
今更取り返すことのできない人生。
お詫びだけでは済まない問題である。
 

 


[PR]

by arizonaroom | 2018-04-06 23:47 | ニュース | Comments(0)