カテゴリ:ニュース( 652 )

またテロ

 ニュージーランドのクライストチャーチのモスクで銃乱射のテロ。
49名もの尊い命が犠牲になった。

 アメリカのように犯人は射殺されずに拘束されたとのことなので
これから真相が明らかになってくると思うけれど
これはニュージーランドだけの問題ではない。

 移民への不満、銃、テロ、SNSへの投稿。
世界は変なところでひとつになっている。

 この大きなうねりをどこかで断ち切ることができますように。


 
 


by arizonaroom | 2019-03-15 23:53 | ニュース | Comments(0)

公約

 2020年の大統領選に出馬表明した民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員の公約に
アマゾン、グーグル、フェイスブック解体というのがある。

 日本人の私から見ると「そんな公約でいいのか」と思ってしまうのだが
今の民主党ではありなんだろうな。

 そういえば、ヒラリークリントンも不法滞在者も含め医療費を無料にする、
その財源はお金持ちからとるとかなんとかむちゃくちゃなことを言っていたような気がする。

 ともあれ、トランプが再選されるのかどうか注目だ。




 

 


by arizonaroom | 2019-03-09 23:54 | ニュース | Comments(0)

電子マネー泥棒

 カザフスタン人の男性が電子マネーwaonのポイントを不正入手、買い物に使って逮捕された。
新しいものが導入されると必ずその盲点をついた犯罪が発生するのが世の常だが
日本語学校の学生ビザを取得してせっかく来日できたのに
こんなことで自分の人生をフイにしてしまうなんて実にもったいない。
彼は刑を終えて出所できても、もう2度と日本の土は踏めないのだから。

 他人のIDとパスワードを入手するのは、コンピューターに詳しい人なら簡単なのかもしれない。
でも、ポイント流用なんて労力のわりには実入りが少なそうだし(今回も2800円)
足もつきやすいので犯罪も簡単にばれそうである。
全然賢くない犯罪である。

 かくいう私は買い物のたびにポイントカードは出すけれど
実はその使い方を知らないもの、あまり貯められないもの多数で
ほとんど持っていても意味のないカードで財布が無駄に膨らんでいるのであった。

by arizonaroom | 2019-02-20 23:12 | ニュース | Comments(0)

医療保険

 国の医療保険を使用できる扶養家族は国内限定という法案が
ようやく閣議決定した。
外国人労働者の不正利用防止のためである。

 普通の人はこんなことは考えない。
政府も不正の実例が起こるまでは
まさかこんな不正を想定することはできなかったと思う。
日本は性善説の国なのである。

子どもを海外に留学させている日本人を犠牲にしての法案であるが
日本の医療費に換算しての保険なので
アメリカのように桁違いの医療費の国ではあまり役には立たなかったとは思う。

 それにしてもよくこんな不正を思いつくものである。
日本で働く外国人のどのくらいの割合の人が、自国に住む家族にも適用できていたことを
知っていたのだろうかとちょっと興味がある。
まあ、指南者がいたからでこそであろう。

 こうやって国は「開国」していくのである。



by arizonaroom | 2019-02-15 23:16 | ニュース | Comments(0)

雪の予報が

 都心も積る恐れ有りとの予報でフライトも何便かキャンセルになっていたが
今回もふたを開けてみたら全然大したことはなかった。
(うちは都心じゃないけど。)
スーパーの店頭に並んでいたシャベルと長靴がなんだか寂しそうである。

 こんなことを繰り返しているうちに
もう今シーズンは積もらないんじゃないかと思ってきた。
月曜も金曜も雪マークがついていたけど、そんなのもう気にならない。

 と言っているうちに本当にどかっときたりして。




by arizonaroom | 2019-02-09 23:48 | ニュース | Comments(0)

バイトテロ

 バイトテロの悲惨な末路がこれほど報じられているのに
なぜ無くならないのか本当に謎である。

 何しろツイッターというものはまだまだ新しいものだから
その怖さを教えることができる「先輩」が不足しているのも一因だ。

 内緒の内輪話を自分の名前を名乗りながら公衆の面前でやってのけてしまう大胆さ(無知さ?)。
大勢の中で大きな?ことをやって目立ってみたいという若者特有の願望。

 今まで存在していなかったSNSという未知の世界で、未熟な若者は取り返しのつかない失敗を繰り返している。

でも次の世代はきっと違うのだろう。
先輩たちを他山の石として彼らはばかげた投稿は決してしないと思う。
いや、不特定多数と繋がっているSNSからは遠ざかり
自分たちの仲間しか入れない閉じられたグループの中でのみ活動していくのかも。

 この間、大学生の男の子が言っていた。
スマホがあるから海外旅行は興味ないと。

 失敗しながら成長していくのが若者なのに。
背伸びするのが若者なのに。

 なんだかちょっと寂しくなってきた。



by arizonaroom | 2019-02-08 23:41 | ニュース | Comments(0)

あおり運転の心理

 これほど大きな事件が起こってもあおり運転が無くならないのはなぜかと思っていたら
新聞の人生相談に、当の本人からの投稿があった。
この男性は運転している時に、他の車に失礼なことをされたと感じると
カッとなり相手の車を追いかけたり嫌がらせをしてしまうのだという。

 そして後になって反省し、自分が怖くなるのだそうだ。
大きな事故を起こす前にこの性格を直したいのだが
どうしたらよいのかという相談であった。

 そう、あおり運転者もしたくてやっているのではなく悩んでいるのだ。
(全員じゃないかもしれないが。)
これもDVや依存症と同じように精神的な病気なのではないのだろうか。

 よく運転すると人格が変わるという人がいるけれど
あおり運転の人を非難するのは優しいけれど
撲滅させるためには社会全体で、
彼らの病の原因を探り治療法を探してあげるのが大切かも。
(言うのは簡単だけど実際は難しいなあ。)





by arizonaroom | 2019-02-06 21:58 | ニュース | Comments(0)

「落ち度」ということば

 10歳の女の子の実の親による虐待死のニュースは
聞くのも見るのもつらいが、
私たちひとりひとりがしっかりと目を開けて向き合わなければいけない問題だと思う。

 その中で児相の所長による会見で
記者の「落ち度があったと認めるのですか」という質問に対して
「対応に不足があった。」という答えがあった。
再び「落ち度があったということですね。」と質問された時も
やはり「対応に不足ということで。」と答えていた。

 子どもがひとり亡くなっているのに
「落ち度」という言葉を使うわけにはいかないらしい。

すべてが児相の責任とは思わないけれど
落ち度という言葉を使えないという時点で
行政が関わる限界というものを感じてしまう。

 児相が扱う事例で、本当に危ないのは100人のうちの1人かもしれない。
でもそのひとりを救うためには残りの99人の親たちにも遠慮をしてはいけないのである。

 子どもが亡くなった時ははっきりと「落ち度」はわかる。
でも、救った場合は本当に救ったのか、それとも過剰に反応して
意味もなく子どもを実の親から引き離してしまったのかの判断は難しい。
これでよかったのだろうかとずっと悩み続けることになるかもしれない。

 でも、そういう「引き離す判断」をした行政の職員を国がしっかり守ることが
子どもを救う一歩であると私は思う。

by arizonaroom | 2019-02-05 23:30 | ニュース | Comments(0)

詐欺はがき

 神奈川県に出回った料金未納詐欺はがきをネットで見て驚いた。
年末に母のところに届いたはがきの文面と一字一句同じなので。

 前にも書いたが母の名前はありふれた名前だけど漢字はそうでもない。
年賀状でも時々漢字を間違えて送ってくる人がいるのに
この詐欺メールは正しい漢字を使用しているのである。

 被害が神奈川全域に広がっているというのであるのなら
その情報の漏れはどこから?

 母のような高齢者はめったやたらに個人情報を自分でさらすような行動は取っていない(取れない)はす。
個人情報を自分で守れといっても守っていても
どこかで漏らしている機関が確実にあるのである。

被害にあった人は宅急便のような人に大金を渡してしまったとか。
情報に疎い人もいるので,こういったはがきは
マンションや自治体の掲示板などに貼っておいた方がいいかもね。





 




by arizonaroom | 2019-01-09 18:36 | ニュース | Comments(0)

株価の乱高下

 記録的な下げの後には記録的な上げが来る。
人の行く裏に道あり花の山

 わかっちゃいるけど皆がパニックになって売ろうとしている時に
どんと買える人ってすごいと思う。

 もうそういう世界には疎くなってしまった私だけど
今回の乱高下を見て証券界にいた昔をふと思い出してしまった。

 素人は今日の高値で「やれやれ」と思うけど
暴落はこれで終わりではない。
上がりながら下がり続けていくのかもしれないのである。

 昨日の底値で買った人は今日の高値で既に売り抜けている。
人と同じことをしていては儲からないのである。
必要なのは勇気とタイミングを外さない直感と冷静さ。相場観はそのあと。

 よくあんな修羅場に十数年もいたなあ。
本当は私は経済音痴だったのに。

 

by arizonaroom | 2018-12-27 23:34 | ニュース | Comments(0)