カテゴリ:ニュース( 644 )

詐欺はがき

 神奈川県に出回った料金未納詐欺はがきをネットで見て驚いた。
年末に母のところに届いたはがきの文面と一字一句同じなので。

 前にも書いたが母の名前はありふれた名前だけど漢字はそうでもない。
年賀状でも時々漢字を間違えて送ってくる人がいるのに
この詐欺メールは正しい漢字を使用しているのである。

 被害が神奈川全域に広がっているというのであるのなら
その情報の漏れはどこから?

 母のような高齢者はめったやたらに個人情報を自分でさらすような行動は取っていない(取れない)はす。
個人情報を自分で守れといっても守っていても
どこかで漏らしている機関が確実にあるのである。

被害にあった人は宅急便のような人に大金を渡してしまったとか。
情報に疎い人もいるので,こういったはがきは
マンションや自治体の掲示板などに貼っておいた方がいいかもね。





 




[PR]

by arizonaroom | 2019-01-09 18:36 | ニュース | Comments(0)

株価の乱高下

 記録的な下げの後には記録的な上げが来る。
人の行く裏に道あり花の山

 わかっちゃいるけど皆がパニックになって売ろうとしている時に
どんと買える人ってすごいと思う。

 もうそういう世界には疎くなってしまった私だけど
今回の乱高下を見て証券界にいた昔をふと思い出してしまった。

 素人は今日の高値で「やれやれ」と思うけど
暴落はこれで終わりではない。
上がりながら下がり続けていくのかもしれないのである。

 昨日の底値で買った人は今日の高値で既に売り抜けている。
人と同じことをしていては儲からないのである。
必要なのは勇気とタイミングを外さない直感と冷静さ。相場観はそのあと。

 よくあんな修羅場に十数年もいたなあ。
本当は私は経済音痴だったのに。

 

[PR]

by arizonaroom | 2018-12-27 23:34 | ニュース | Comments(0)

クリスマスケーキ大量廃棄

クリスマスケーキが食べられることなく大量廃棄の事実。
実際の需要と現場の苦労を無視して金儲けに走ろうとする流通業界トップの欲が
生んだ結果なのだと思う。

 世界中で飢えている人もたくさんいるのに。
食べ物の大量廃棄は貧しい国々から泥棒しているのと同じことだと
かつて食糧を供給するNPOのトップが言っているのを聞いたことがある。

 次は恵方巻?




[PR]

by arizonaroom | 2018-12-26 23:50 | ニュース | Comments(0)

高輪ゲートウェイ

 
新しい山手線の駅。
でも、ゲートウェイって必要だったのかな~。

 




[PR]

by arizonaroom | 2018-12-04 23:23 | ニュース | Comments(0)

ジョージ・H・W・ブッシュ

 パパ・ブッシュが亡くなった。
94歳は歴代の大統領の中で今のところ一番の長生きだそうだ。

 奥さんのバーバラが92歳で亡くなった8か月後、彼もまた旅立った。
彼が務めたのは1期だけだったけれど。その間にソビエト崩壊、湾岸戦争など
けっこういろいろあった4年間だった。

 またひとつの歴史の幕が下りた。





[PR]

by arizonaroom | 2018-12-01 23:10 | ニュース | Comments(0)

多重国籍

 カルロスゴーンの逮捕でレバノン外相が
日本大使を呼び出し懸念を伝えたというニュースがあった。

 ずいぶんな内政干渉というのもあるが
そもそもなぜレバノンがという疑問もある。

 確かにゴーンの両親はレバノン人。
でも彼自身はブラジル生まれで後にフランスに帰化したというのが
私の理解である。
レバノンはこの場合関係ないんじゃ・・。

 と思ったのだが実はゴーンはレバノンとブラジルとフランスの三重国籍なのであった。

 三重国籍。
そんなことができるのである。
二重国籍すら認められない国の国民はただただ驚くばかりである。

 国際結婚して子どもを持つ親たちは子供たちに大人になっても二重国籍を維持してもらいたいと思っている。
それはとても自然なことなのだけれど
二重国籍を認めるというのは国益という面からみたら
実は大変なことなのだ。

 レバノンとブラジルとフランス。
国籍の欄にはいったい何と書くのかちょっと興味がある。





[PR]

by arizonaroom | 2018-11-29 23:24 | ニュース | Comments(0)

経営者と社員

もう10年以上も前。
米系航空会社で従業員に経営者サイドから話があった。
会社の業績が思わしくなく危機に直面しているので従業員の賃金をカットしたいと。
会社が潰れたら元も子もないと
皆渋々同意したのだという。

しかし、その後従業員は知ったのである。
カットに成功した役員は会社に貢献したと
日本円にして億単位のボーナスをもらったと。

当時この会社に勤めていたアメリカの親族から聞いたもので
ちょっと記憶違いもあるかもしれないけれど
確かこんな話だった。
ちなみにこの航空会社はその後別の会社と合併している。

今回のゴーン事件で思い出した。
村山工場の元社員は、または地元の人たちは
今何を思っているのだろうか。








[PR]

by arizonaroom | 2018-11-21 23:19 | ニュース | Comments(0)

金持ちなのに

 ゴーン逮捕のニュースを聞いて
日産では株主総会の後に懇親会があり、ビールやら寿司やらがふるまわれ
非常に豪華だと評判だったことを思い出した。

 しかし、あれだけ稼いでいたのに、
よく強欲だとか金に汚いなどといういわれるような行動を平気でしていたのかが不思議である。

 たとえ贅沢の限りを尽くしたとしても
人間が人生の中で使えるお金には限りがある(と思うんだけど)。

 昔、仕事で関わりがあった人に一代で数十億の富(不動産)を築いた男性がいた。
彼は金持ちになっても30年乗っている自転車が愛車だった。
自分が所有のマンションの管理も自分でしていたので
ペンキで汚れていた洋服をいつも着ていたのを思い出す。

 当時80歳に近かったけれど、奥さんを自転車の荷台に乗せて病院に連れて行っていた。
スーパーへの買い物はいつも午後6時。その時間になると総菜が半額になるので。
自宅の障子の穴は新聞紙でふさぎ・・もうこれ以上はよそう。

 彼は自分の貯金通帳を眺めるのが一番の趣味だった。
誰かに「それだけお金があるのだからファーストクラスで海外旅行へ行ったら。」と勧められたら
烈火のごとく怒った。
「日本人が皆そんな精神でいたら国が亡ぶ!」

 もうずいぶん前に亡くなられたと聞く。
おそらく彼の築いた財産の多くは息子たちには渡らずに
相続税として国の国庫へ収まっていったに違いない。

 でも、彼を気の毒だと思うのは間違いだ。
彼は貯金通帳を眺めているだけでも幸福だったのだ。
人生で一度、日赤に100万円寄付して表彰されたのも大きな自慢だったし。

 たぶんファーストクラスで旅しても楽しくなかったと思う。
そんな無駄使いは心地よいわけはないのである。
そして、彼は物をもらうことは大好きだったけれど
人のお金をほしがるようなことはけっしてなかった。
ましてや人に自分の分を払わせようなどという小汚いまねもあるのに一切しなかった。

 それに比べて、50億の報酬でも不満で、一生使いきれない資産もあるのに
さらに人のお金を使おうとする。
そんなことで晩節を汚すなんてばからしいと思わなかったことが不思議である。

 

[PR]

by arizonaroom | 2018-11-20 23:46 | ニュース | Comments(0)

渋谷のごみ拾い

 ハロウィーンの後の渋谷。
昨日、サッカーの時とハロウィーンの時とは全く違うと書いたけれど
朝のニュース映像を見たら、すっかりきれいになっていた。
しっかりごみ拾いをしたボランティアがたくさんいたらしい。

 やっぱり日本人はすごいわ!









[PR]

by arizonaroom | 2018-11-01 23:44 | ニュース | Comments(0)

12自治体で自転車保険義務化

自転車保険加入義務化と簡単に言うけれど
実施は難しいと思う。

もちろん、今の世の中、自転車に普段乗っている人は
被害者にも加害者にもなる可能性があるわけで
私もそうだけれどすでになんらかも損害保険に加入している人は多いはず。

でも、そんなこと気にしない人も多いし
人の自転車を借りたり黙って拝借したりする人もいるわけで。
購入時に強制加入という方法もあるけれど
それだって有効期限が切れたらおしまいである。

自転車は凶器になるという国民全体の意識改革?
それも難しい。

ちなみに私が通った区立小学校では当時
自転車免許というものが導入されていて
しっかりルールを守って乗っているかの路上試験があり
自転車屋で整備が証明された自分の自転車にしか乗れなかった。

またそんな時代が来るかもしれない。








[PR]

by arizonaroom | 2018-10-12 13:20 | ニュース | Comments(0)